色無地

しばらく着ていない色無地を、虫干しと採寸を兼ねて引っ張りだしてみた。
広げてあれこれやっているうちに着てみたくなったので、久しぶりに袖を通す。

d0048332_15487.gifいやー、やっぱりやわらかい着物は難しいなあ。
形が決まりづらいし、着物の中(下前とか襦袢、下着まで)のものが外に響いてしまう。

おはしょりも、下前は中で折り上げているのに、紬のようにぴしっとせずなんかモワッとしている。腰紐かなにかが響いているのかな。

いざ着たい時のために(予定はないけど)もっと練習しておかないとダメだな。

そして色無地の悩みといえば、地味になったり仲居さんぽくなってしまうこと。
今回は木綿の帯を合わせたらすこし外した感じになるかと思ったのに、やっぱり仲居さんっぽい。


d0048332_1552646.gif半衿が白いからいけないのかと思って、黒い半衿を差し込んでみた。
すると確かに仲居さんからは離れるけれど、色無地とは雰囲気が合わないし、顔映りもよくない。
もっと薄く明るい色の半衿が似合うのかな。

帯締めも、写真のようなカジュアルなものは色無地には似合わない感じがする。
仲居さん風にしたくないと言っても、やっぱりそれ相応のものを選ばないとちぐはぐになってしまうのね。

難しいな…。


習い事をしていないので、この色無地は普段のちょっと頑張ったお出掛けにしか着る機会がない。
(そういうお出掛けがないので、ずっとしまってあるわけですが)

いざという時に困らないように、そういう場所に合う帯や小物の組み合わせを考えておかないと、今後も箪笥の肥やしになっちゃう…


d0048332_1553721.gifアンティークの木綿昼夜帯。
木綿だけど重厚感があるので色無地にもいけるかと思って合わせてみた。どうかな。

この帯も色無地と同じく柔らかくて、お太鼓の形がふにゃっとなってしまった(曲がってるし…)

私のウエストには微妙に短い帯なので、お太鼓と垂れの模様を合わせるのもちょっと大変。今回は微妙に合っておらず、失敗。

これももっと練習しないと、いざ着たい時に上手に着られないな。

この色無地は、裄が妙に長い。
他の着物の裄が1尺7寸5分程度なのに対して、色無地は1尺8寸5分。3.5cmぐらい長いのだ。

確かに私は身長の割に腕が長いので、この色無地を着ると手首あたりまで隠れ、他の着物を着たときより優雅な気分になる。
でも、長襦袢や羽織と裄が合わないのでちょっと困っている。

私が着物を一番最初に仕立てたのがこの色無地で、寸法のことは全て店任せ。
長襦袢やコートを合わせることを考えたら、私には1尺8寸5分では長過ぎたのだが、当時はそんなこともわからなかったので仕方なかった。

…というか、私の着物の寸法は仕立てたものでもバラバラだ。
未だに自分の最適な寸法を把握しておらず、その都度店で採寸してもらっていたのでそんなことになってしまった。自分が悪いんです。

だから、最近ようやく自分に最適な寸法を決めた。
手持ちの着物の寸法を測り直して、着心地から「裄はこの着物、おはしょりはこの着物…」という感じで寸法を拾っていった。
これを手帳に控えておいて、次の出会いの時には最適寸法の着物を仕立てるぞー!


Memo
きもの着用今年9回目。所要時間は測らず。鱗柄長襦袢。
裄が長く、羽織を着たら袖口から着物が飛び出すので、クリップ必須。
[PR]
Commented by amethyst at 2009-02-15 16:46 x
Medalogさんこんにちは。
ちょっとブログを見ない間にちゃくちゃくと着方の研究、
また↑絞りの帯を作ったりとがんばってますね~
私なんぞ先日2ヶ月ぶりに作り帯でおでかけだけ。。。
寸法、私も毎回仕立てる時は前回の表をもっていって
相談して後はお任せです。
寸法違いがあっても飛び出してこない限り
気にしないということで。。。汗

着実にご自分の好みの色のコーディネイトを
みつけていて、しかも洗い張り、お仕立なおしも自力で
できちゃうなんてすばらしいです。
黒地更紗の帯にその中の色をとった鮮やかな
水色の帯締め帯揚がキラリと映えてますね~
私も仕立は無理としても、もう少し着方や着物コーディネイトを
研究しないといけないわね~と思い始めました。
Commented by Medalog at 2009-02-18 21:00
amethystさんへ
>寸法、私も毎回仕立てる時は前回の表をもっていって
>相談して後はお任せです。
これが一番いいのだと思います!
ただ私の場合は、同じ店で仕立てた着物なのになぜか寸法が全然違ったりするので、それができずに困ってます。
次に仕立てる時からは、ちょっと楽になるといいのですが…

自分好みのコーデもぜんぜん定まっていません。
私からすると、amethystさんのほうがご自分の好みに一貫性があって、どれもお似合いだと思います。

それに自作の帯も良し悪しで…
本当にしっかり作らないと、クオリティがあまり良くないものは着ていける場所に限度がある気がします。
思い入れのある着物や羽織を帯に仕立て直すのはいいけれど、趣味でたくさん作るよりはいい帯を少し買ったほうが賢いのかも?
by Medalog | 2009-02-07 16:27 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る