ゆずりは展 in 大阪「二大原始布と東北の手仕事展〜からむしとシナ布〜」

marchaさんにお誘いいただき、大阪・ギャラリー御堂筋で開催中のゆずりは展にお邪魔してきた。
青森・十和田湖畔で東北の手づくり工芸品を扱う「暮らしのクラフトゆずりは」。
その名前は知っていたけれど、作品を直に見たり、店主の田中陽子さんにお会いするのは今回が初めて。

織物以外にも木製品や籠細工など、ギャラリーに並ぶ品々からはやわらかな温もりが漂う。この温かさが寒さ厳しい東北の地で生まれたのだと思うと不思議な感じさえする。
しかしその温もりと同時に、研ぎ澄まされ、洗練された道具としての美しさがストレートに伝わってくるのだ。
私は機能美のあるものが好きで、例えばシンプルな鋏などを見るとその美しさに見惚れてしまう。そういう気持ちを刺激されるものがたくさん置いてあった。
着物好きとしてはついつい織物にかける時間が多くなってしまったが、道具類をもっとしっかり目に刻んでくればよかったな…



田中陽子さんのお話を聞くことができた。
ゆずりはを開き、現在に至るまでのことを伺っていると、田中さんの内面に秘められた強さに頭が下がるばかりだ。

この日メインで紹介されていたのは、からむしとシナ布。田中さん厳選の品々とあって、私が今まで見たことのあるものとは全然違った。
特に驚いたのはからむし織だった。
今までは帯、それもややざっくりとした織のものしか見たことがなかったのだが、展示されていたからむしの着尺は糸が絹と見まごうほどの細さで、反物は透けるほど薄くしなやかだった。
そしてシナ布の美しい飴色と緻密で凝った織りは、どれだけ眺めていても飽きることがない。

本当に素敵なものがたくさん展示してあった。
いただいて帰ることはできなかったけれど…
でも「いつかは」と思える物がたくさんあったので、今後着物を増やしていく度にきっと思い出して、心に留めておこうと思った。


からむしとシナ布以外で特に素敵だったのが白たか織の絹上布というもので、シャリッと涼しげでありながら織が非常に細かく、ツヤのある、美しいものだった。
また、しわになりにくく、単衣〜盛夏までずっと着られて重宝するものらしい。
とても素敵だったのだが「今どうしても必要なのか?」なんて考えてしまうと、なくても手持ちの単衣と夏物でやっていけるかな〜ということになってしまう。
(そんなことを言っていたら、一生きものも帯も買えなくなってしまうけど…)
この品物はこれから拡販していかれるそうなので、また出会う機会はきっとあると信じて、もし次に単衣か夏物が欲しくなったら、きっときっとこの絹上布を思い出そう。



marchaさんとお会いするのは久しぶりだったので、たくさんお話しさせていただき、とても楽しかった。また行き当たりばったりで入ったフレンチの小さなビストロもなかなかよかった。
帰宅後に住所を頼りに調べてみたら「モーベ・ギャルソン」というお店で、まだお若いシェフは日本のフレンチシェフ100人の中の1人に選ばれたことがあるそう。
こじんまりした店の窓から道頓堀の派手な看板を眺めつつ、ボリュームたっぷりの美味しいフレンチをいただく。なんか不思議な感じ。
場所も便利だし、この日は飲めなかったワインも飲んでみたい。ぜひまた行きたいな。
[PR]
by Medalog | 2009-02-02 07:57 | きもの | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る