謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。





今回の年末年始は夫の仕事の都合で帰省できず、結婚以来初めて自分の家で正月を迎えることになった。

帰省には車で長時間掛かるので、帰省しないのは体力的には楽だ。
それに帰省の荷造りや留守宅の心配もいらないし、自分の家でいつものペースで過ごせるので、いつもよりのんびりした気持ちで正月を迎えられた。

しかし正月の帰省は離れて暮らす親に顔を見せるためという部分が大きいので、その機会が減ったのは寂しく心苦しい。
夫の仕事が一段落したら、夫の両親に顔を見せに行けるかな。





大阪で迎えた初の正月。
元旦に「初詣に行こう」という話になったものの、どこへ行けばいいのかわからないのでネットで調べてみた。
大阪で一番有名なのは住吉大社なのかな?
でも自宅からはちょっと遠いので、自宅から比較的近い大阪天満宮へ出掛けてみた。


最寄り駅を降りて人の波にもまれながら歩いて行くと、着いたのは街のど真ん中にある神社でびっくり。
門から本社までの距離が短いせいもあろうが、境内に入りきれない人が一般道にまで延々並んでおり、門をくぐってからもなかなか進まない。

どうやらお参りできる間口が狭いのと、お参りを待つ人とお参りが済んで帰る人の流れが一方通行になっておらず、一部で逆流状態になってしまっているのでスムーズに進まないようなのだ。
本社に近づくまで我慢できない人たちが後ろからお賽銭をガンガン投げてきて、私たちの目の前に並ぶ男性のフードに硬貨がスポッと入ったのを見た時は笑ってしまった。

ようやく本社の近くにたどり着き、お賽銭を投げて手を合わせた瞬間、帰る人たちに横から押されて手を合わせたまま列から押し出されてしまい、これまた苦笑い。
初詣はどこに行っても混雑しているものだが、こんなに混乱したお参りは初めてで面白かった。

小雨が降っていたせいもあって着物ではなく洋服で出掛けたのだが、若い女性の着物姿をたくさん見かけて、正月らしくてよかった。
訪問着や付け下げ、可愛らしい小紋、ウールのアンサンブル…いろいろな着物姿の人がいた。特に若い女性のカラフルな小紋姿は可愛くて大好き。
若いうちから着物に目覚めた人は、その年齢ならではの着物が楽しめていいなあ〜。


入った門と反対側の門から出てみたら、あら、こんなところに「天満天神繁昌亭」が!
大阪に来て半年以上経つけれど、まだまだ行ったことのないところや知らないところばかりだなあ。今年は行動範囲を伸ばしてみたいな。


屋台がたくさん出て賑わっている天神橋筋商店街を歩いてみる。
この賑やかさは、さすが大阪という感じだ。
そして今年初の外食は、屋台のキャベツ焼き@130円。道の端に立ったまま食べる。
あー、キャベツの甘みとソースが美味しいわぁ。
私も夫も、確実に大阪の粉もんにハマってしまったみたいだ。





今年も安くて美味しいB級グルメに舌鼓を打ちつつ、ウエスト○センチダウンを目指して頑張ります。
あと去年は着物を着る機会が少なかったから、今年はもっと着て楽しまなくては。
それから、今年こそメダカを産卵させられますように!
[PR]
Commented by amethyst at 2009-01-05 18:14 x
今年もよろしくおねがいします。
大阪でのお正月、なかなか楽しそうですね。
私は関西で過ごすお正月が今回なくってすごく残念。
とはいえ、東京でほけ~とらくらくに過ごしたのもよかったのですが。
着物を着ればいいのに、塾ばかりの日々で着る気が起きませんでした。
キャベツ焼きおいしそう!!次回帰ったら食べに行こうかな。
最近おしゃれや着物より食べることに熱心です。

今年もまた会いましょうね(#^.^#)
Commented by Medalog at 2009-01-06 13:53
amethystさんへ
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

大阪での正月、元旦の初詣以外はほとんど家に籠っていました。
出掛ければもっと楽しいことがたくさんあったかなーと思いつつ、のんびりした正月を過ごせてよかったです(お金も使わないし)。
キャベツ焼きの他にも、大阪のB級グルメ&粉もんは本当に安くて美味しいので、外食の頻度がぐんと増えました。財布は軽く、体は重く、です。

塾通いはお子さんも親も大変ですよね。努力の成果が結実されますようにお祈りしています。
by Medalog | 2009-01-05 16:27 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る