メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

北陸旅行2日目(その2)

千里浜なぎさドライブウェイでの快適ドライブを終え、
今日の目的地・白川郷方面へ向かう。
北陸自動車道から、昨日通った富山県・砺波のすぐ横で東海北陸自動車道に乗り換え、
五箇山ICで下車。ICからほんの5分ほどで、「菅沼合掌造り集落」に到着した。

d0048332_14254158.jpg
雄大な山々に囲まれて、その特徴的な屋根を青い空へと突き上げる
9棟の合掌造り家屋の集落は、まるでそこだけが時の止まった
別の時代・別の世界のようだ。
しかし実際は、そこで今も暮らしている方々がいる。
むかし学校の社会科で習った時は、テストのために名前と特徴を
覚えるだけの存在だった「合掌造り」。しかし、この歳になって実物を
目前にすると、その迫力と美しさに感動するとともに、この家を維持して
暮らしている方々の苦労と覚悟のほどをつくづく実感する。
せめてもの気持ちとして、売店で朴葉味噌とかき餅を土産に購入。


次は、一般道で南下して「白川郷」へ。30分もかからない距離だ。
集落の一番手前にある「道の駅」で周辺の地図を仕入れる。
「昼は軽くそばにしようか」と、グルメマップを見ながらそば屋を探すが、
1軒目は休み。
2軒目はどこにあるかわからず、同じ道を行ったり来たりしてしまう。
お腹は空くし、時間は経つしで車内の雰囲気が悪くなりかけたので、
道沿いにあったとんかつの店(店名忘れた)に入ることに。
両親はカツカレー、私は朴葉焼き定食を注文したが、
カツが柔らかくて美味しかったし、朴葉焼きも香ばしくて、
軽くすませるはずがどんどん箸が進んでしまった。
d0048332_1532658.jpg
その店で「ここから山中温泉まで白山スーパー林道経由で何時間かかりますか」と聞いたところ、お店の人が困ったように「白山スーパー林道は、まだ開通してないんですけど・・・」と言う。
なんと冬期は雪で閉鎖され、開通は今週末からだとのこと。
慌ててガイドブックを見ると、
確かに6月上旬まで閉鎖と書いてある。
今朝予定を変更して白川郷行きを決めた時は、ガイドブックを見ず地図だけを見ていて
25度にもなる気温の中、よもや冬期通行止めがあるなど想像もしていなかったのだ。

しかし、そういえば道すがら見える白山の頂には、たしかに雪がしっかり残っていた。
「わあ、まだ雪がある」なんて、呑気に写真まで撮影していたのだ(左)。
そういうことだったのね〜。ということは、これからどうすればいいの?

お店の方に相談したところ、山中温泉へのルートはふたつ。
ひとつめは、ここへ来たルートを北へ引き返し、金沢経由で向かう方法。
これだと、高速料金はかかるが、白川郷から加賀までほとんど高速道路で行けるため
運転しやすいし、だいたいの時間も読める。
そしてふたつめは、南下して郡上市の白鳥から国道158号で西へ向かい、
永平寺の前を北上する方法。つまり、白山麓をぐるっと迂回するわけだ。
これで行くと、荘川IC〜白鳥西ICのみ高速道路が使えるが、
残りはほとんど一般道の山道だ。
距離だけをみるとさほど変わらないようだが、高速道と一般道では
スピードが倍近く違ってくるだろう。
そしてドライバーである父が選んだルートは…
「同じ道を2回走ってもつまらない。白鳥経由で行こう。」

そして、長い長い山道ドライブが始まってしまったのだった。
(その3へ続く)
[PR]
by Medalog | 2005-06-03 15:06 | 旅行・食べ歩き | Comments(0)