秋の京都オフ会

東京から京都へ遊びに来られるamethystさんにお誘いいただき、marchaさん、風子さんとともに京都へ出掛けることになった。嬉しいな。

当日は、京都へ向かう列車の中から混んでいた。
ガイドブックを覗き込んであれこれ相談しているカップルや、座席を向かい合わせにしておにぎりやお菓子をほおばる団体客で近鉄特急は満席状態。
そして京都駅に着いたら、更に溢れる人、人、人…。
みんな、終わりゆく京都の秋、散りゆく紅葉を楽しみにきたんだろうなあ。

そんな中で、着物を着ている私は一見京都の秋をはんなりと堪能しそうな感じだが(そうでもないか…)頭の中は「きもの、ともだち、ランチ」でいっぱい。
向かう先は紅葉の名所ではなく、町中の呉服店へまっしぐらなのだ。

バスに乗って到着したのは、今回も「だいやす」。ここに各自集合することになっている。
私がだいやすに到着したときにはすでにamethystさんがいらしたそうなのだが、お顔がわからないため声をかけることができなくて申し訳なかった。
やっとお会いできて挨拶をかわしたときには、私はすでにめぼしい品をチェック済みの状態。自分だけ先に楽しんでしまってすみませんでした。

時間差でメンバーが集合し、ようやく4人揃って、それぞれが自分好みのものを探す。
同じ店で同じ棚を見ているはずなのに、それぞれが自分に似合うものを見つけ出してくるのが面白いな〜と思う。
特に風子さんが、大量の着物の中から質がよく、ご自分に似合う着物をす〜っと引き出して来られるのには脱帽(初めての店なのに)!
「え〜、そういう商品があったのですね」と感心してばかりだ。

marchaさんは、スタッフさんと上手に相談しながらお買い得の品を紹介していただくのがお上手。スタッフさんもmarchaさんの好みをわかっていらして、とっておきの逸品を出してきてくださる。
客と店の「阿吽の呼吸」を見せていただいた。さすがです。

本日の主役・amethystさんは、着物や帯を体に当てつつも、ずっと迷っていらした。気に入ったものがいくつかある様子だが、一つに絞りきれない様子。
雰囲気の違う2枚の着物はどちらもお似合いで、端から見ていても迷ってしまう。迷いすぎて疲れてしまったようですが、大丈夫でしたか?

私は部屋着用の半幅帯を買いに行ったはずなのに、つい名古屋帯のコーナーを覗いてしまい、素敵な帯をいくつも見つけてしまう。
お買い得なものばかりなのであれもこれも連れて帰りたいところだが、自宅の収納場所に余裕がないのが悲しくも歯止めになってくれる。
それに、そろそろ手元に集まったものの整理や寸法の確認をして、必要なものは仕立て直しに出さないといけないし、これから自分がどんなシーンに着物を着たいのかということもじっくり考えないといけないし。

…といいつつ、お気に入りを連れて帰ってしまったわけで…。でもいい買い物ができたんじゃないかな〜?と思っている。
今週はバタバタしているので、来週になったら手持ちの着物と合わせて遊んでみるつもり。


ランチは、風子さんが探してくれた「旬風庵」。だいやすから歩いて数分の場所にある、町家を改造したレストランだ。
店の雰囲気も器も盛り付けもすてきだし、もちろん味も楽しめた。「京都豚」なるものを初めていただいたが、やわらかくて美味しかったなあ。調子に乗ってボジョレヌーボーのグラスワインまでいただいてしまった…。
一番お手軽なランチコースだったけれど、デザートまでいただくとお腹がいっぱいで大満足。
(写真はmarchaさんのブログで綺麗に出ています)
いつものように話がどんどんはずみ、あっという間に時間が過ぎてしまう。


一度だいやすへ戻り、購入した帯をお預けしていたので引き取る。
午前中に「これ!」と決めて購入したはずなのに、店に入るとまた新たな気持ちで商品を探し始めてしまう自分が怖い。
他の皆さんも同様のようで、このまま閉店までいても飽きそうにないのだが、次の予定もあるので切り上げることになった。


風子さんとはここでお別れして、残った3名で岡崎のきねやへ向かう。
Amethystさんが帯締めをご覧になっているのを横から覗いていると、私好みの可愛らしい帯締めがあったので、身を乗り出してじ〜っと見つめてしまう。
でも似たようなものを持っているし、次に買うとしたら別のタイプが必要でしょ!と手綱を引き締める。

きねやで買い物をするなら、marchaさんに教えていただいたように事前に写真をメールで送って、時間のあるときに社長に選んでいただくのがいいようだ。
次回はどの着物と帯に合う着物をコーディネイトしていただこうかな〜?と自宅であれこれ考えるのも楽しい。そろそろ考えておかなくては。


きねやを出たところでmarchaさんともお別れ。時刻はちょうど日が暮れるころ。
きねやの社長に「近くで紅葉ライトアップが見られますよ」と教えていただいたので、Amethystさんとバスに乗って永観堂へ向かおうとしたのだが、市内方面から来るはずのバスは渋滞のせいかなかなか来てくれない。
そして反対方向のバスを見ると乗客がぎっしり…。銀閣寺から永観堂を経由して市内へ戻るバスなので、日暮れとともに市内へ戻る人々でものすごく混んでいるのだ。
これは、永観堂もすごく混んでいるに違いない…。永観堂から京都駅へ戻るバスの中もぎゅうぎゅうで着物では辛いだろうし、掛かる時間も読めないし、ということで紅葉ライトアップは諦めて地下鉄で京都駅へ戻ることになった。


京都駅へ戻り、伊勢丹のせいろ料理「葵茶屋」で夕食。
Amethystさんの新幹線の時間まで少し余裕があったので、伊勢丹の呉服売り場によってみる。
石下結城や紅型の帯など、ここにも素敵なものがたくさん置いてあって、店員さんの話を聞いているうちにあっという間に伊勢丹の閉店時間になってしまった。
Amethystさんがスーツケースを預けていた地下1階の手荷物預かり所が終わる時間になってしまって慌てて下へ降りたのだが、閉店時間のため伊勢丹内では2階までしか降りられない。
そこから外へ出て地下1階へ降りたのだが、近い行き方がわからずにものすごく遠回りをしてしまい、最後は小走りになってしまった。

着物姿で旅行するだけでも大変なのに、あちこち歩いて、荷物が増えて、Amethystさんはさぞかしお疲れになったと思う。
この京都旅行がいい思い出になりますように。
そして、今度は東京方面でまたお会いしたいですね。
みなさま、本当にお疲れさまでした。
[PR]
Commented by amethyst at 2007-12-11 09:09 x
あ~一気に読みました。
私の記事よりず~っと克明にその日のことを追っていて
私のメモに保存しておきます。笑
Medalogさんも遠くからいらしていただいて本当にうれしかったです。
そしていつもそばでさりげなくなれない私をフォローしてくれて
助かりました。
ランチの場所や、帰りによった骨董店でなぜか符号のように
メダカちゃんに遭遇。不思議でしたね~。
だいやすさんで皆さん同じ時を過ごしつつ好みのものを
見つけていく姿が印象的。巧者ですね~
今思い返してもうふふ、にんまりとなってしまいます。
また次回よろしくおねがいします。
Commented by 風子 at 2007-12-11 12:08 x
ご一緒できて楽しかったです。

す~~~っと見つけられるのは、ここへ来るまでの艱難辛苦があったからです。 笑
たっくさん見て、触る、これに尽きるのかなあ。。。

あの紫の帯、素敵でしたね。
Medalogさんも 見つけるのお上手です。
Commented by Medalog at 2007-12-11 19:51
amethystさんへ
長い文章を読んでいただきありがとうございました…
オフ会のことを書こうと思うと、毎回どうしても長い文になってしまいます。しかも、当日の着物や買い物のことはまだ書いていないんですもの。まあ、それだけオフ会が楽しいということですよね!また、ああいう楽しい時間を過ごしたいです。

amethystさんはちょっとお疲れだったようですね。旅行って着慣れた服でも疲れますもの、着物で新幹線に乗ったり長時間歩き回ったら大変ですよね。お疲れさまでした。

メダカちゃんの柄、夏には見ることもあるんですがこの時期に見ることはあまりないのでビックリしちゃいました。面白いものですよね〜。


Commented by Medalog at 2007-12-11 19:59
風子さんへ
>す~~~っと見つけられるのは、ここへ来るまでの艱難辛苦があったからです。 笑
そうですよね〜。品定めをする風子さんの背中に、着物ライフの歴史を感じましたよ(本当)。私ももっと場数を踏まなくては!

紫の帯、一目で気に入っちゃいました。私が探したというより、向こうから飛び込んできた感じです。すごく軽いし、何しろ安かった!いいものが手に入って嬉しいです。
Commented by marcha at 2007-12-12 01:03 x
>私が探したというより、向こうから飛び込んできた感じです。

不思議ですよね。連れてって‥という感じが‥(~_~;)
風子さんのお品もそんな感じでしたね。

また、行きましょうね、セールに‥(~_~;)
Commented by Medalog at 2007-12-12 20:34 x
marchaさんへ
風子さんのお品、本当に風子さんのためにあるような逸品でしたね。
着こなしているお姿を、ぜひ拝見したいです。

またいろいろ遊びにいきましょう!よろしくお願いします。
Commented by 神奈川絵美 at 2007-12-12 22:50 x
こんにちは! なんとなんと、amethystさん京都に向かわれたのですね。冬の初めの京都、ステキでしょうね・・・。お買い物ツアー(?)も楽しそうで、私もきねやさんで買い物したいです~。
Commented by Medalog at 2007-12-13 20:01 x
絵美さんへ
今回はあまり京都の風情を楽しむこともなく、買い物三昧の一日でした。市内の移動も地下鉄で、遠くの紅葉を眺めることもなく…ちょっともったいなかったかしら?

絵美さんもお忙しいとは思いますが、息抜きに京都にお越しになれたらいいですね。
by Medalog | 2007-12-11 00:20 | きもの | Comments(8)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る