ラビットのケープ

用事があって大阪へ出掛けたついでに、なんばの高島屋へ行ってみた。
ふらふらときもの売り場へ行くと、コート類がたくさん置いてある。

店員さんが声を掛けてくれたので、
「袖の振りが閉じているコートとはどれですか?」
と聞いてみると、カシミヤやベルベット素材のコートを紹介してくれたあとで
「ケープやショールを羽織るのもいいと思いますが…」
と言って商品を見せてくれた。

まずはベルベット素材のショール。暗めのワインレッドで、膝裏ぐらいの長さがある。
素材自体も美しいが、ポイント刺繍や端に付いているループ状のリボンの細工などもしっかりした作りで可愛らしい。

次に出てきたのが、ラビットのケープ。ブラックで、お太鼓が隠れる程度の丈。
毛皮のツヤ、手触りが素晴らしく、それになんといっても軽〜い!
羽織らせていただいたのだが、羽織る前より軽いんじゃないか?などとおかしな勘違いをしたくなるほど軽く、暖かい。襟元でしっかり留められるので動きやすそう。

ベルベットショールのほうは雰囲気からして和服専用だが、ラビットケープのほうは洋服でも使えるとのこと。でも、私の手持ちの洋服に似合うかどうかは微妙。
価格はピンキリだろうが、私が羽織らせてもらった2枚は仕立て上がりで売っているベルベットのコートよりも少しだけ安いかな?という価格(毛皮のケープは数十万円のものも…)。
コートを我慢してこちらを買う、というほどは安くない。

今日は寒かったせいもあって「どちらか欲しいよ〜!」と思ってしまったのだが、着物を着ていなかったので丈や色が自分の着物に似合うかどうかわからない。今日はベージュのニットを着ていたのでケープの黒もワインレッドのショールもよく映えて見えたけれど、濃紺の結城や大島に黒い毛皮では色が重たすぎるかも。やはり実物を合わせてみたい。
それに、家には丈を直したばかりの羽織も、まだ袖を通していない大島の道中着もあるし。
コート類の買い物は、この冬に何度も着物で外出して本当に必要なコートを見極めてからするべきかな、と思い直して、せっかく羽織らせていただいたけれど今日のところは我慢した。

そして、当初の目的だった帯留めを購入!
私にしては可愛らしいデザインのもの。どんな帯&帯締めにマッチするかなあ。
あれこれ試していいコーディネイトが決まったら、撮影しよう。



大阪市内はまるで不案内な私。
JR難波駅から高島屋を目指してなんばウォークを歩いていたのだが、遠いしわかりづらくて、案内図を見てもなかなか辿り着かない。
京橋からなんばの高島屋へ行くなら、JR・天王寺経由ではなく地下鉄・心斎橋経由のほうが良かったんだな…(ローカルネタですみません)
[PR]
Commented by amethyst at 2007-12-05 09:06 x
初めての街は行きたいところはあるのにたどり着かないもどかしさ
ありますよね~私の京都行きもダイジョブだろか~

Medalogさんも冬用はおり物を探しを始めたのですね。
>この冬に何度も着物で外出して本当に必要なコートを見極めてからするべきかな、と思い直して、
わわ、確かに。。。さすが研究熱心なMedalogさんですね。
でもきっとファーのものとかお似合いだと思います。
帯留めも楽しみ。画像まってます。(*^_^*)
Commented by miwaxsmania at 2007-12-05 10:46
>大阪市内
ま、まかせてケロ!(でももはやこの10年間に通った地下鉄がわからない私ですが)
京橋から難波高島屋は、大阪駅(梅田)経由で地下鉄か、京阪使うか、ご一緒していればご案内できたのですが。(と残念がっている私。)
京橋周辺が私のうろちょろしていた場所で、以前小判屋さんが書かれていた藤田観光も近いですし、そこからちょっと歩くと、「つちはし」というイカ焼きやがあるんです。一枚200円くらいでおいしいし、すごくおススメ。(すんません、全然関係ない話で。)

寒い寒いと言っても、室内に入ると暑いので、首やら袖口・足元の防寒をして、やっぱり脱ぎ着のしやすいものが便利かなーと思っています。
私は単衣の羽織が欲しいです。

帯留、コーディネイトなさったら見せてね。私はMedalogさんのきねやネコちゃんの帯留も好きでーす。
Commented by Medalog at 2007-12-05 12:00
amethystさんへ
私は地図を見るのも時刻表を見るのも苦手じゃないはずだったのに、昨日はすっかり迷ってしまいました。歳のせいかしら…
京都の中心部は碁盤の目だし、通りに名前がついているので、きっと大丈夫ですよ!いざとなったら街の方に道を尋ねてしまえばOK!楽しんでくださいね〜。

「本当に必要なコートを見極めてから」というのは、今年の1月にオフ会で京都へ行ったとき、大島紬&絞りの羽織という軽めな素材の組み合わせだったのに「寒かった」という思い出が全然ないんです。風が吹いていなかったのかも。
昨日は寒かったので、ついはおりものコーナーへ足が向いてしまいましたが、よく考えたら、袖の振りに入り込んでくる風さえ防げれば新しいコートやショールを買わなくても手持ちのもので十分に冬を乗り切れそうな気がするので、今年の冬はそのあたりを意識して、下着や手袋で腕をカバーしながら過ごしてみようかな、と。
真冬に着物で外出することなど年に数回しかないので、コート類を買う時は慎重にいかないとね…。でもラビットの手触りと軽さが忘れられない〜!
Commented by Medalog at 2007-12-05 12:20
miwaさんへ
大阪の街は人が溢れていたケロ…

京橋はお詳しいんですね。私は一人歩きは初めてだったので、右も左もわからずほんとに泣きそうでした。
京橋で昼食をとったのですが「せっかく大阪に来たんだから、奮発して美味しいもの食べよー」と思っていたのに、駅周辺にはダイエーしかないのだと思い込んで、結局ダイエーの隅っこにある店でどうってことないものを食べてしまった…そのあとで「京阪モール」を発見し、いろんなレストランが入っているのを見てショック!!!
イカ焼き、美味しそう。また京橋に行くことがあったら探してみます〜。

冬の電車の中も暑いですよね。ここでうまく温度調節しないと、汗をかく〜外に出たら体が冷える〜風邪を引く、というパターンになってしまうので、私も脱ぎ着のしやすいものがいいと思います。(その点でもラビットちゃんは合格だったかも…)
単衣の羽織、私も欲しい!一番活躍してくれそうですもんね。
by Medalog | 2007-12-04 21:45 | きもの | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る