高松へ

お盆休みはいつもなら関東の実家へ帰省するのだが、今年は夫婦で仕事が入ってしまい、
離れた実家へ往復する日数が取れないので帰省は諦めた。
しかし近場へ1泊で旅行する時間は取れたので、どこへ行こうかと相談したところ
うどん好きな夫が「讃岐うどん食べたい」と言うので、四国へ出掛けることになった。

この旅行を思い付いたのが休みの2日前。
こんな直近に、しかもお盆休みに宿が取れるかな〜と心配だったが、ネット検索したら
いくつか空きが見つかり、いいホテルを押さえることができた。

さて当日。
旅行はいつも通り食べ歩きがメインで、かなり遠くまで回ったのだが、今回はきものの話。
讃岐うどんと言えば香川県高松市周辺。このエリアで3軒のうどん屋さんを回ったのだが、
私が夫にわがままを言ってうどん屋さん以外に立ち寄った店が2軒。

履き物の黒田商店さんと、馬場呉服店(ネットショップ・kimono gallery 晏)さんである。
嬉しいよ〜!

黒田商店さんの下駄は数ヶ月前に歌舞伎座で購入したばかりだし、
kimono gallery 晏の木綿の着物はとても興味があるけれど、今すぐ欲しいわけではない。
だけど、すぐ近所まで行くのにこの2軒を素通りするのはあまりにももったいない!



まずは黒田商店。
ガラス戸を開けて中に入ると、そこに並ぶのはあの素敵な草履や下駄の台、そして鼻緒の数々。
うは〜〜〜、幸せ。
店内には歌舞伎座でお会いしたご主人と奥様がいらしたが、それぞれ接客中だったので
一人で勝手に店内を見させていただく。

特に鼻緒は相変わらずの素晴らしい品揃え。歌舞伎座で拝見したときは時間制限があって
焦ってしまったので、今回はじっくり拝見してきた。
どれもこれもが本当に素敵で、いくらでも欲しくなってしまう。
半衿とか手ぬぐいのように鼻緒もたくさんコレクションして、その日の気分で使い分けられたら
いいのにな〜。

その後、奥様が相手をしてくださった。
歌舞伎座で下駄を購入したことを話し、そのとき見かけた保多織の足袋が見たいと
お願いして見せていただいた。

保多織はワッフル地のようなしっかりした生地(厚みは数種類あり、足袋は一番厚手を使用)で、夏は涼しく冬は暖かいと聞いたことがある。
暖かい足袋といえばネル地のものを一足持っているが、素材感からすると冬しか履けない
感じなので、履けるシーズンが長そうな保多織の足袋に興味があったのだ。
サンプルを履いてみると、しっかりした作りと気持ちよい履き心地で普段用にとても良さそう。
5枚コハゼなのも私好み。(4枚コハゼだと、なぜかコハゼがはずれてしまうので)
裏地は晒とネルがあるのだが、通年履くなら晒地のほうが良さそう。
色も白やベージュ、グレーなど数種類あったが、自分の袷の着物に似合うのはグレーかな?

d0048332_16285633.gif…というわけで、一足購入してしまいました。

足袋としては高価なものだと思うが、奥様の話によると丈夫で長持ちするし、洗濯機で普通に洗濯して、干す時に手で伸ばしておけばそのまま履ける手軽さも魅力だそう。

また長く使える故に、洗濯を重ねると色がだんだん薄くなってくるので、その色の変化も楽しんでくださいね、とのこと。なるほど〜。


奥様が商品を包んでくださる間、ご主人が話し相手になってくださった。
歌舞伎座で買い物する時の時間制限は、前回(6月)の後半からなくなったのだそうだ。
(黒田商店さんでの買い物に限り。歌舞伎座の商品については変更なしだとか)
やはり、時間制限があるということで歌舞伎座での買い物を諦める方も多かったそうで、
次回以降も時間制限はないとのこと。これはいいことですね!

図々しくお茶までいただき、さらに図々しく馬場呉服店さんの場所を聞いたところ
奥様が電話で営業しているかどうか確認してくださった。
いろいろありがとうございました。


その足で、ほど近い馬場呉服店さんへ。
馬場呉服店さんにネットショップ・kimono gallery 晏の商品が置いてあるということなので、
モニターではわからない手触りを確かめさせていただこうという、これまた図々しい魂胆なのだ。

お店では、急な来訪にも温かく出迎えていただいた。
「いろいろな木綿の反物を拝見したい」とお願いして、川越唐桟、伊勢木綿、片貝木綿、そして保多織などいろいろなものを触らせていただいた。
川越唐桟はつるっとしたきめの細かい手触り。片貝木綿はやや厚めでざっくりした感じ。
伊勢木綿はその中間ぐらい? (それぞれの木綿にも各種あるので一概には言えないが)

そして保多織。糸の太さや折り方が違う4種類を見せていただいた。
一番厚手のものは、足袋や作務衣などに適していて、きものには薦めないそうだ。
薄地のものは柔らかくて手触りも良く、着物はもちろん襦袢などに仕立てる方もいるそうだ。
(裏地のない木綿着物と木綿襦袢を合わせると滑りが悪いという人もいるそうだが)
同じ保多織でも、糸の太さによって手触りが随分違うことを実感した。

また、布の切れ端などの色見本を持って行けば、好きな色に染めることもできるのだとか。
いろいろなことに挑戦しているお店の熱意をしっかり感じることができた。
たくさん商品を出していただいたのに、旅の途中で急いでいるため
慌ただしく帰ってしまったのが申し訳なく、残念。

今回いろいろな反物を触らせていただいたので、次に木綿着物を買う時はこちらのショップで
買えたらいいなと思っている。
10月に東京で展示会を開催されるそうだ。行きたいけど遠いなあ〜。



というわけで、数日前には予想もしていなかった両店への訪問。
慌ただしかったけれど、楽しくワクワクした。
しかしできることならば、着物好きの方と一緒に伺えたらどれだけ楽しいかと思う。
いつか機会があればまた行きたいので、どなたかご一緒してくださいね!



そういえば、黒田商店さんで買い物をしている時に、小さなお嬢さんを連れたお母さんが
「この子の浴衣に合わせる下駄が欲しいんですけど〜」と言って来店していた。
近所にこんな素敵な履き物屋さんがある生活、羨ましいなあ。
[PR]
Commented by miwaxsmania at 2007-08-17 21:34
Medalogさん、高松に行って来られたんですか!きゃーっ!
「履物」と「うどん」と言えば、私の脳内メーカーの7割くらいを占めるものなので、「こそっとあとをつけて行きたかったー」とワクワク読ませてもらいました。
黒田商店のご夫妻にもまたお目にかかれたんですね。保多織の足袋、ステキ。裏が黒っていうのもかっこいいです。

また、木綿に強い呉服店にも足を運べて良かったですね。自分の目で見て、自分の手で触ってみることってなによりだと思います。
いつかご一緒できたら、案内してくださいね。

讃岐うどんはおいしかったですか?
Commented by 神奈川絵美 at 2007-08-17 21:43 x
こんにちは! 密度の濃い~旅行になりましたね! 黒田商店も地元では、近所の人に親しまれている気軽なお店という感じで好印象♪
馬場呉服店さん、初めてお名前を聞きましたが、東京で展示をされるのですか・・・いってみたいなぁ。
Commented by 風子 at 2007-08-17 21:56 x
この二軒、行きたいと思っていました。

次回、ご一緒できたらうれしいです。

うどん、きもの、下駄、、、、いいな~~~。
Commented by Medalog at 2007-08-18 00:27
ミワさんへ
次に高松に行く時はミワさんと一緒かも?と思っていたのですが、ひょんなことから急に行くことになってしまいました。
履き物ももちろんよかったですが、うどんも最高でした。どの店も個性があって美味しいんですよね。
それに安いのが嬉しい! 3軒回って、合計600円ですもの。(うどん1玉100円が1軒、250円が2軒)
機会があったら、ぜひぜひ行きましょう!

保多織の足袋は、秋になったら履くのが楽しみです。・・・って、まだまだ夏は続くんですけどね。
Commented by Medalog at 2007-08-18 00:33
神奈川絵美さんへ
きものに興味のない夫との旅行だったので、この2店に行くべきかどうか迷ったのですが、思い切って行ってみてよかったです!
馬場呉服店さんは、記事内にリンクしてあるネットショップ・kimono gallery 晏さんの母体となるお店で、馬場呉服店という名前としてはあまり出ていないかもしれません。
絵美さんは木綿着物にもご興味がおありでしょうか? 展示会のハガキが届いたらこのブログにも詳細を掲載させていただくので、お時間があれば是非お出掛けくださいませ。
Commented by Medalog at 2007-08-18 00:38
風子さんへ
2軒ともご存知でしたか!
どちらも、居心地のよい素敵なお店でしたよ。
馬場呉服店さんは、先日連れて行っていただいた京都のいさかさんとは違って「街の呉服屋さん」といった風情で、お手頃な商品もたくさんありました。
うどんも美味しいし、海はきれいだし、とても素敵なところです。ご一緒できたら、きっと楽しいと思います!
Commented by amethyst at 2007-08-18 08:29 x
昨年の帰省時に計画しててでもお盆中だったので諦めた計画を
わ~実行されたのですね。
私も今度四国にいくことがあれば、うどん、黒田商店、晏を目指したいなと思ってます。ご主人と一緒できもの関連のお店をまわるのはどきどきですね。お友達と一緒ならゆ~っくり楽しくまわれるだろうな。
さっそくいい足袋もみつけて秋からが楽しみですね。
Commented by Medalog at 2007-08-18 14:29
amethystさんへ
今回は車で行ったのですが、電車で行っても十分楽しめるルートだと思います。(うどん、黒田商店、晏)
私が店内にいる間、夫はお土産を買いに行ってくれたり、車の中でお昼寝しながら待っていてくれて、ちょっと申し訳なかったです。
お友達同士なら、きっと楽しそう! 鼻緒をすげて貰っている間にうどんを食べに行ったりできるし。わ〜、また行きたくなります。
Commented by momorangu at 2007-08-19 14:22
Medalogさん(◎´∀`)ノ.。.:*・゚☆Ηёισσ☆.。.:*・゚
暑いですネェ~(_ _lll)ァハハ・・・体がダルダルで溶けてしまいそうです
こんな日にも着物きてますかぁ~??
一石二鳥の充実した旅行でしたね☆⌒(*^-゜)v 御主人も満足、自分も
満足ってなかなか無いよ~^^;協力的な良い御主人ですしネェ~♡♥
この足袋、冬暖かく夏涼しいとはどんな構造なんですかぁ~??
Commented by たこちゃん at 2007-08-19 21:30 x
高松は以前行った事があります^^
目的はうどんを食べに!!
おいしかった~^^
ところで、着物関係のお店の話。
うちの嫁さんはお菓子を作るのが好きで、高松かその辺に有名なお菓子の材料のお店があるそうです。行って見たいといつも言っていますが、もし行く事になったらMedalogさんのように色々な商品を食いついて見たり聞いたりするんだろうな~と思いながら読んでいました^^
Commented by Medalog at 2007-08-20 00:33
momoranguさんへ
暑いですねえ〜。着物は着ていません…(汗)9月になってきものを洗いに出す前に、あと1〜2回は着たいのですけど。
保多織の足袋、細かいワッフル地のような感じなので、シーツやパジャマにも使われるそうです。それを「夏は涼しい」と言うのだと思いますが、冬はどうなんでしょうね…。さほど温かくないという意見も見たことがありますし、とにかくこの冬に足袋を履いて試してみますね!
Commented by Medalog at 2007-08-20 00:39
たこちゃんへ
高松には、有名なお菓子の材料のお店があるんですか?名古屋や大阪のような都市ではなく高松にあるのですね。どんなお店なんだろう…
いつか、奥様を連れて行ってさしあげてくださいね! 
ガサ入れ向きのきれいな川もたくさんありそうですよ〜。
by Medalog | 2007-08-17 00:00 | 旅行・食べ歩き | Comments(12)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る