メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

電車の中で

先日京都へ行ったとき、電車で着物を着た女性と隣同士になった。
その電車は全席指定で、私の隣は最初は空いていたのだが、
居眠りしているうちに気が付くと隣に着物姿の女性が座っていたのだ。

しばらくしてから、その女性のほうから話しかけてきてくれた。
「着物姿の方を見かけるだけでも嬉しいのに、電車で隣り合わせになるなんて
 初めてだから、ついお声を掛けてしまったの。」とニコニコしながらおっしゃり、
そこから話が弾みだした。
話の流れからお年を伺ったら60代でいらっしゃるそうだが、白茶色の小千谷縮に
お母様から譲り受けたという薄紅色の花柄の麻帯、という可愛らしい色の組み合わせが
とてもよく似合っていらした。
話し方も笑顔もとても優しくて、イントネーションからして京都の方なのだろうか。

着物歴40年以上ということで、私もずうずうしくあれこれ質問してしまう。
小千谷縮を着ていらしたので「お手入れはご自分で?」と伺うと、
悉皆屋さんのアドバイスに従って、麻のものでもプロにお任せしているとのこと。
麻といえば自宅でお手入れできるのが魅力だと思っていたが、これは人それぞれなんだな。

私の着物の袖口から、襦袢の袖が少し出てしまっていてみっともなかったのだが、
長襦袢の袖をクリップでつまんで長さ調整すればいいとアドバイスをいただき
(ここまでは私も知っていたのだが)、
「ワイシャツなどを買った時についてくる小さなプラスチックのクリップがいいのよ。
 小さくて外に響かないし、挟んだ跡もつきにくいの」と教えていただく。
なるほど!
以前、紙を挟むためのクリップを使ったことはあるのだが、
布が傷みそうで心配だったのだ。
シャツについてくるクリップなら、布が傷まないようにできているもんね。
そのクリップをちょうど着物の肩口の縫い代の下になるようにして使うと、外に響かず
着付けの後からでも裄が調整できて便利なのだそうだ。これはいいことを伺った。

そしてその方の装いで素敵だったのは、上品な紫色の薄手のショール。
首や袖から冷房の冷気が入ってくるので、夏でも必ず携帯されているそうだ。
その話を聞いた時は「寒がりの方なのかしら?」とも思ったが、
この日の帰りに乗った電車で、汗が冷房で冷え、袖口から冷気が入り込んできて
腕が寒くて我慢できなくなってしまった。
(なんせ2時間も乗っているので…)
襦袢が張りのある綿麻だったので、どうしても袖と腕の間に隙間ができてしまうのだ。
隣に人がいないのをいいことに、袖を腕にぐるぐる巻いて寒さをしのぎながら
(非常にみっともない)、あの女性のショールを思い出していた。
夏に気持ちよく着物を着るために、日傘や扇子に加えて薄手のショールを持っていると
役に立つしスマートだなあ。遠くへ出掛ける時は、特に必要かも。
長く使えるような、上品なショールが一枚欲しくなった。


電車が京都駅に着いても話が尽きず、話をしながら改札を出て、
名前も連絡先も交換しないままお別れした。
お別れが名残惜しい、そしてまたお会いしたいと思える、素敵な出会いだった。
[PR]
Commented by 風子 at 2007-07-28 23:02 x
素敵な出会い、うれしい出来事ですね。
私はまだ体験したことないけれど、そんなことが起こればいいなあと思います。

ストールは便利です、良いものが見つかるといいですね。
私は、デパートなぞのセールで、気に入ったものが目についたときに買っておきます。
きもの用ではなくて、普通の売り場で探すと、けっこう着物に合う、いいものがあります。
Commented by amethyst at 2007-07-29 00:21 x
いいお話ですね。
独身ときは年配の女性って近寄りがたかったです。
着ている物は自分と違うセンスだし、お話するとなんだか叱られそうで。。。(笑)
でも着物を好きになり、そのことで話題ができると
きものの先輩としていいお知恵をいただけたりしますよね。
年代は違っても楽しさが一緒で、その方の経験話が
とてもありがたかったりします。
Medalogさんもそんな風に様々な人に出会える
魅力がある人なんでしょうね。
袖口からでてくる襦袢は私も苦労してます。
私は着付け教室できもの用両面テープをすすめられましたが、
シャツのクリップも使えそうですね。
でも今まですべて捨ててしまってます。
Commented by Medalog at 2007-07-29 11:28
風子さんへ
この日は風子さんに初めてお会いする日だったので、「もしかしたらこの女性は風子さんかも?」とちょっとドキドキしていました。(風子さんの年齢もご住所も知らなかったので)
いろいろ話しているうちに、違う方だとわかったのですが…。

ショールは洋服用でもいいですね。ひとつあったら、絶対に役立ちそう。
デパートの夏もの最終セールを覗いてこようかな。
Commented by Medalog at 2007-07-29 11:40
amethystさんへ
自分より年配の方と、洋服の話で盛り上がることはまずないですよね。
着物だからこそ、世代を超えて交流させていただけるのかなと思います。
きもの経験豊富な方々のお話は、いくら聞いても飽きることがありませんよね!

きもの用両面テープ、便利そうですが生地が傷ついたりしないのでしょうか?
傷つかないのなら、半衿を急いで付けたりするのに便利そう!
使い心地を教えてくださいね。
シャツのクリップ、私もこの間捨てたばかりです。
最近は洋服もあまり買わないし、次に手に入るのはいつになるやら…。
Commented by 神奈川絵美 at 2007-07-29 13:43 x
こんにちは! 拝読しまして、私もおりこうさんになりました。その素敵なご婦人に感謝です!
ワイシャツ用のクリップ、入手したら試してみたいと思います。
Commented by amethyst at 2007-07-29 19:17 x
そうそう、そこのところ心配ですよね。
でも先生がおっしゃるには「着物用なので私は大丈夫よ」と
おっしゃってました。先生ももらいものの襦袢が多くて
多用するようです。また報告します。
Commented by Medalog at 2007-07-29 21:35
絵美さんへ
クリップのことは自分で試してみる前にブログに書いてしまったのですが、きっと便利なのではないかと思います。
我が家ではいつワイシャツ用のクリップが手に入るかわからないので、もしお試しになる機会がありましたら感想をお聞かせくださいね。
Commented by Medalog at 2007-07-29 21:38
amethystさんへ
きもの用両面テープは、着付けの先生が使用されているぐらいですから、きっと布地の傷みは心配ないのでしょうね。(大切な着物には使わないほうがいいのでしょうが)
使用感、興味津々です。1つ持っていたら便利そう〜。
by Medalog | 2007-07-28 14:13 | きもの | Comments(8)