メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

夏の京都へ

この半年で着物や帯を買ったり、いただいたり、自分で作ったりして
数が一気に増えたのに袷用の小物の数が足りず、
コーディネイトができなくなってきた。
京都の和装小物店・きねやさんの夏のセールのハガキが届いたので
「夏のうちに袷用の小物を用意しておこうかな」と思っていたところ、
タイミングよくmarchaさんからお誘いをいただき、
京都まで出掛けることになった。

先日知人からいただいて自力で寸法直しをした紗の着物を初めて着ることができて嬉しい。

d0048332_1273141.gif当日は早起きして、前日の練習通りに着付けをする。
黒い着物なので半衿を多めに見せてみようと思っていたのに、着崩れないように意識するとどうしても衿が詰まってしまって半衿がほとんど見えなくなるのが困った。
(帰宅してから再度練習したら、一回目で半衿が綺麗に出せた。不思議。)

長襦袢が綿麻でやや硬めなので、柔らかい紗着物と質感が合わず、
袖がハリボテのように膨らんでしまっているのが悲しい。

あとでこの写真を見たら、前帯が上下逆になっている。
前日に3回も練習したのに気付かないとは…。
(当日は気付いて修正できたので良かった)


梅雨明け前なのに見事な晴天で、暑さを覚悟しながら家を出る。

京都・岡崎のきねやさんでmarchaさん、風子さんと待ち合わせ。
私は一番乗りだったので、事前にメールでお見立てをお願いしておいた
帯揚げと帯締めを見せていただく。

私が持っている秋〜冬の着物や帯は暗めの色のものが多く、
それ自体は気に入っているものばかりなのだが、
小物まで落ち着いた色にしてしまうと全体がくすんで見えてしまうし、かといって
手持ちの明るい色の小物(ピンクなど)を合わせると、なんだか浮いてしまう。
「秋冬らしい深みがありながら、暗く沈み込まない組み合わせがしてみたい」
という希望を着物と帯2セットの写真と共にきねやさんにメールしておいたのだ。

2セットそれぞれに小物を選んでいただくつもりでいたのだが
(両方買えるかどうかは別にして)ありがたいことにまったく色味の違う2本の帯の
どちらにもよく合う帯締め・帯揚げを提案していただいた。
d0048332_16502860.gifd0048332_16504764.gif
持参した帯2本に合わせてみると、キリッと引き締まって秋冬にピッタリの着こなしができそう!
白いラインが入っているので、暗くなりがちな帯回りが明るく引き立つ感じもイメージ通りだ。
大満足の買い物ができて嬉しい! 帯を2本も抱えてやってきた甲斐がありました。
・・・しかし帯を持参するのは重たくて大変だった。事前にメールでお見立てをお願いしてある
のだから、次回からはmarchaさんのように写真にして持っていこう。

その後、風子さんがお見えになる。
初対面でお互いに顔もわからないので、恐る恐る挨拶をしながら
「1月にここでmarchaさん・ミワさんと初めて会った時も、こんな感じだったな〜」
と懐かしく思い出す。
その後marchaさんもお見えになり、「考えてみたら、いつもきねやさんを勝手に
待ち合わせ場所に使わせていただいているね」と話して、笑ってしまう。
(お店の方は「大歓迎です」とおっしゃってくださるが・・・)

d0048332_16511192.gif風子さんは今の季節にぴったりな涼やかな色の帯留めをお選びになる。
marchaさんが選んだ帯締めは凝った組みがとても素敵で、惚れ惚れと見とれてしまう。

自分も気に入ったものを手に入れたばかりなのに、人様のものも全部素敵に見えて…
楽しいんだけれど、困るわ。

例によって、お店の前で記念撮影。
社長にシャッターを押していただく。

暑いのと、marchaさんが午後に別の用事があるということなので、
きねやさんのすぐ近くでランチを食べながら楽しいおしゃべり。
情報交換をしつつ(私は質問してばかりだけど)、「いつか久米島に行きたいね〜」
なんて話で盛り上がる。本当に行けたらいいのだけど・・・。


その後、marchaさんと別れ、私は風子さんに近くの呉服店に案内していただく。
(店名を忘れてしまった)
素敵な織物がたくさん並んでいて、木綿、麻、上布などを次々に見せていただいた。
透き通るように軽やかな上布の数々はため息が出るような美しさで、
「わーすごい」「うわー、これも素敵」と何回口にしたかわからないほど。

シックな細い縦縞の川越唐桟があり、肌触りがとてもよく
(松阪木綿と全然違って滑らか!)
価格も手頃なのでしばらく釘付けになってしまったのだが、今日は小物も買ったし、
各シーズンの着物は一応揃っているし…と悩みに悩んで、結局諦める(泣)。
他の織物と同様、川越唐桟も織元が減ってしまい
今では一軒しかやっていないと聞いた。
数年後に「川越唐桟が欲しい」と思った時に、気に入ったものが買えるのだろうか…。


その店を出て風子さんとも別れ、バスで京都駅へ向かう。
先日NHK「美の壷」という番組で五重塔の鑑賞について取り上げていたので、
時間に余裕もあるから東寺へ行って五重塔を見て来ようと思ったのだが、
暑さと帯2本の重さにあっさり負け、駅の伊勢丹へ向かう。
(田舎暮しの者にとっては、大きな百貨店は立派な観光地なのです)
デパ地下や洋服売り場をうろつき(呉服売り場はほとんど浴衣のみだった)、
非常に満足して帰宅する。


紗着物はとても軽くて、着心地が良かった。
襦袢がやや厚手なこともあり、夏の晴天下の外出は暑かったけれど、袖に風が通るし
腕を布が覆っていて直射日光が当たらないせいか、思ったより快適だった。

今年初の夏着物は、着てみるまでは「どうなることか」と心配ばかりしていたけれど、
着てみたら結構なんとかなったし、次回への課題もわかったので着てみて良かったな。
家でも近所でも、もっとたくさん着物が着たくなった。
・・・そして、風子さんのような素敵な小千谷縮が欲しくなった・・・
[PR]
Commented by miwaxsmania at 2007-07-25 21:01
きねやさんの前でのお三人の着物姿、それぞれかっこいいです!見とれてしまいます。
Medalogさんの練習用写真、帯の天地が逆っていうの、言われて気がついた(笑)んですけど、着物と帯がすっきりとしてお似合いです。上品な着物をもらえて良かったですね。そしてそれをご自分でお直しになったというのも尊敬します。(師匠も立派!)

きねやさんのコーディネイト、またまたステキですね。私のMacだと錆朱に抹茶色のような二色組に見えています。やっぱ社長センス良いですよねー。私もナマ社長に会いたいなー。いつか実物を見せてくださいね。

岡崎のお店で初めてお会いした日のことを懐かしく思い出しました。
楽しい報告を聞かせていただき、ありがとうございました。
Commented by 風子 at 2007-07-25 21:09 x
昨日はありがとうございました。
初めてお目にかかったけれど、とても楽しくお二人と過すことができました。
お買い上げの品、素敵でしたね。
私はお見立てしてもらう、という発想が無かったので、ご主人のプロの目に感心しておりました。
それにご主人に写真を撮ってもらうなんて、、、、。笑

これからもこれをご縁によろしくお願いいたします。
Commented at 2007-07-25 21:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amethyst at 2007-07-25 22:57 x
まだ出張販売も実店舗もいったことのないきねやさんですが
毎回コーディネイトの巧さを感じます。
地味になりそうな土台きものをぱっとあかるくして帯との
微妙な調和もあり。。。素敵です~そしてとてもかわいらしい!
風子さんもブログでは実はたびたびのぞかせていただく憧れの方。(#^.^#)もちろん、marchaさんのお買い物も気になります。
そんなお二人に囲まれてお買い物っていい思い出ですね。

夏着物とても印象的です。今度京都にいって一緒にお買い物できたらって思いました。
Commented by Medalog at 2007-07-26 00:31
ミワさんへ
夏着物を買うならさっぱりとした綿か麻素材と思っていたので、シックな紗の着物をいただいた時には「着こなせるかな?」と不安だったのですが、着てしまえば意外に大丈夫でした。
自分で直した箇所も、元々の折り皺が未だについたままだったりするのですが、着ているうちに消えるかな〜なんて適当に考えています。

私のMacでも錆朱に抹茶色の二色に見える…でも実際は抹茶色というより黄土色の帯とほとんど同じ色なので、帯とうまく合うみたいです。
きねやさんのHPを見て自分で商品を選ぶこともできるのに、一度お見立てしていただいてしまうとやっぱり社長のセンスに頼りたくなってしまいます。
またミワさんとご一緒に京都に行ける日が来ますように!
Commented by Medalog at 2007-07-26 00:41
風子さんへ
こちらこそありがとうございました。
あっという間に時が過ぎた、楽しい一日でしたね。
1月にきねやさんに行った時には、その場で希望を伝えて選んでいただいたのですが、今回はmarchaさんから「事前にメールで写真を送って、社長がお手すきの時にゆっくり選んでいただいたほうがいいよ」と教えていただいたのでその通りにしてみました。
自分で小物を選ぶと、まだどうしても似たようなものばかり選んでしまうので、社長のお見立てには感心してしまいますね。

またどこかへご一緒したいですね!こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by Medalog at 2007-07-26 00:42
非公開コメントの方へ
後ほどメールをお送りします!
Commented by Medalog at 2007-07-26 00:52
amethystさんへ
機会があれば、是非一度きねやの社長にお見立てをお願いしてみてください!
メールに写真を添付して送ってもお見立てしていただけますが、やはり直接店舗で買い物するのが楽しいですよね。
京都にお越しになることがあれば、是非是非声を掛けてくださいね!

風子さんは明るくてチャーミングな、素敵な方でした。また新しいご縁に恵まれて嬉しいです。
marchaさんの選んだ帯締めは「一枚上手」という感じで素敵でしたよ!ブログのアップを楽しみになさってくださいね。
Commented by marcha at 2007-07-26 09:26 x
バタバタしている間にコメントが遅くなってしまいました。
Medalogさんは涼しげに紗の着物を着こなして、実によくお似合いでした。着付けのスキルもアップして本当に素敵でしたよ^^。
風子さんとのご縁もできて、時間のないのがとても残念でした。
ミワさん、Amethystさんもまたきねやさんで大集合(笑)しましょうね。
私の帯〆もみてもらいたいのですが、今週いっぱい忙しいので来週乞うご期待!です。ブログつながりのご縁がどんどん広がって、とても嬉しいです。でもなぜか他社ブログの方のほうが多いんですよね^^;不思議です。
Commented by Medalog at 2007-07-26 17:39
marchaさんへ
紗小紋、なんとか着れてましたでしょうか。着付けのほうはまだまだですが、一度でも多く袖を通すことは大切ですね!
marchaさんや風子さんのように自然な着こなしができるように、着物を着る回数を重ねたいと思います。
風子さんともお会いできましたし、またご縁が会った方々と大集合できたらいいですね。
お話ししているだけであっという間に時間が過ぎるので、できることなら京都に一泊したいぐらいです。

ブログの会社の壁は、もう関係ないですよね。これからも楽しい巡り合わせがたくさんあるといいですね!
Commented by corno_petit at 2007-07-26 22:45
Medalogさん、こんにちは。
紗のお着物、透け感がほどよく、涼しげで、とても素敵!夏に濃い色のお着物をさらりと着ている人に憧れてしまいます。

今は夏の着物や浴衣のことで頭がいっぱいですが、秋向けの小物をこの時期にゆっくりと準備するのもいいですね。
Medalogさんのきねやお買い物日記(?)を読んでいると、ぜひお店にうかがいたくなってしまいます。黒田商店さんの奥様もそうですが、お見立てが上手な方のご意見をうかがいながらお買い物ができるというのはウレシイですよネ。
Commented by Medalog at 2007-07-27 11:14
cornoさんへ
この紗小紋、室内ではほぼ真っ黒に見えていたのですが、屋外で写真に撮っていただいたらほどほどに透けていて「他の方からはこんな風に見えているのね」とわかりました。
「涼しげ」と言っていただくと、暑い中着て外出した甲斐があります。ありがとうございます。

私は夏の着物をあまり持っていないので、この時期のセールは夏物より秋〜冬物を!と決めていました。
しかしこの時期は薄物ばかり触っているので、袷の着物や帯を引っ張りだしたらその重さにびっくり! やっぱり夏物は薄くて軽いんだなあ〜と実感しました。
cornoさんがよく行かれる和装小物のお店などはあるのですか? きねやさん以外にもいいお店はたくさんあるのでしょうが、メールで気軽にお見立てをお願いできて、しかも素敵なコーディネイトを提案してくださるきねやさんはつい頼ってしまうお店です。京都へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!
Commented by 小判屋 圭祐 at 2007-07-27 21:14 x
黒紗の夏着物よく似合ってますよ。頑張った甲斐がありましたね。
以外に涼しかったとの事良かったです。内心ホッとしています・・・来年は二人で頑張って小千谷縮みの御仕立てに挑戦してみませんか・・・・・・?
8月は柿渋染に挑戦します。お天気が晴れなけれ良い色あいに仕上がら
ないとの事で今まで待っていました。柿渋染の麻地の帯は来年には出来あがるでしょう。
Commented by Medalog at 2007-07-28 00:17
小判屋さんへ
その節はありがとうございました。おかげさまで、無事に夏着物デビューができました!
袖も身頃もサイズはぴったりです。最初は「袖だけ直せばいいか…」と思っていましたが、小判屋さんのご提案通り着丈も伸ばしたおかげで綺麗に着られました。
着心地もよく、機会があればどんどん着たい着物になりました。

小千谷縮、とても欲しいのです。小判屋さんと一緒なら、素人の私でもお仕立てできるでしょうか?
いい反物を売っているお店を見つけたら、教えてください!

柿渋染め、なかなかブログに出ないなと思っていたのですが、梅雨明けまで待っていらしたのですね。
どんなものができるのか、私も楽しみにしています。
by Medalog | 2007-07-25 17:39 | きもの | Comments(14)