二部式帯の付けごこち

先日作った麻の二部式帯を付けてみた。

d0048332_21444753.gif前帯はぐるぐる巻き付けてひもを結ぶだけなので、本当に簡単。

気を付けることといえば、普通の帯より軟らかめなので、見えない後ろのほうがシワにならないように注意するぐらいのことだ。
前帯にポイント柄がある場合も、お太鼓のことを気にせずに柄出しの調整ができるのでとても重宝しそう。

あと、麻や木綿の帯は絹やポリの帯よりは滑りが悪いので、帯を引き締める時はちょっと物足りない感じはする。
ただお太鼓部分の重みがなく、前帯だけを支えればいいので、それほど気にはならない。

前結びをしないので今まで使っていた前結び用の分厚い帯板を使わずに済み、いつもよりほんの少しウエスト周りがスッキリした。
(当社比)

d0048332_21451048.gifお太鼓の形がキレイにできたと思うのだが、どうでしょうか?

言われなければ二部式帯とはまず気付かないと思う。いや、気付かれても良いのだけれど。

ただお太鼓を作る手間は、名古屋帯とさほど変わらなかった。
たれ部分を帯枕で背中に固定してからいつも通りお太鼓を作るのだが、たれ先の片側だけに手先が縫い付けてあるので、たれ先をたぐり上げる時に左右のバランスが崩れてしまう。

慣れればさほどの問題もないかもしれないが、特にこの帯は格子柄なので少しでも曲がるとすごく目立ってしまい、結局は一度結んだものをほどいてやり直すことになってしまった。

d0048332_227866.gifそこで考えた。
二部式帯の利点を生かして、最初からお太鼓を形作ってしまうのだ。
正面で見ながら形作れるので、格子柄でもまっすぐに調整できる。

て先をお太鼓の中に通して帯揚げでくるんだ帯枕も入れ、数カ所を洗濯バサミで留める。
このままお太鼓を背中に固定して帯枕の紐を結んでしまえば、もうお太鼓の形ができている。
あとは洗濯バサミを外して形を整え直してから帯締めを結べば出来上がりだ。


上の写真はこの方法で締めたもの。我ながらうまくできたと思う。
この方法だと帯を締めるのが本当に簡単で、腕が上がらず後ろに回せない人でも全く問題ないはず。
それになんといっても素早く帯が締められるので「明日は急いで着物を着なくちゃ!」という日は前日からこの準備をしておけば、忙しい朝でもあっという間に着付けが終わりそう。

このまま収納すれば便利かと思ったが折り皺が付いてしまいそうなので、一番柄出しのいいお太鼓の形を作ってみて、折る部分の内側にしつけ糸で印をつけた。
こうしておけば次に形を作る時に、悩まずにさっとお太鼓が作れそう。

こうなってくると、二部式帯の便利さを実感する。
ほかに二部式の良いところは、ふたつのパーツに分かれるのでそれぞれが1~2mに短くなり、畳んだりアイロンをかけたり陰干ししたりするのがやり易い。
和室がなく名古屋帯をまっすぐ広げるスペースもない我が家では、これが結構重要なのだ。

この帯を付けて外出したが、帯枕が下にずれてくることもなく、軽くて快適だった。
次に帯を手作りするならまた二部式にしようかな。


それにしても今日は暑かった。
この松阪木綿は色が暗いうえに生地が厚手なので、着ていても暑いが見ているほうはもっと暑苦しいだろう。晴れの日にはもう着られないな。曇りか雨の日なら、まだ着られそうだけど。
同じ藍の木綿でも、だいやすさんで触った久留米絣は薄くて柔らかかったなあ〜。
ひとくちに単の着物と言っても、大きな幅があることを実感した。
[PR]
Commented by marcha at 2007-05-10 08:11 x
上手くおさまっていますね。先日丹波布伝承館にこの帯と色合いのよく似た丹波布の生地見本がありました。いいなぁと見ていたんですよ~^^
Commented by 白鷺 at 2007-05-10 17:39 x
綺麗に締めておられます。研究熱心なのに頭が下がります。
作りつけておくこと。仕付け糸で印つけておくこと。
次に自然素材を賢くゲット出来たら♪
夢が広がりますね♪
Commented by Medalog at 2007-05-10 19:24
marchaさんへ
その丹波布は、やはり草木染めなのでしょうか?
志村ふくみさんの展示会の時も、自然の素材から驚くほど鮮やかで綺麗な色がたくさん染められていたのを思い出します。
その生地からは、一体どんな着物や帯ができるのでしょうね。
Commented by Medalog at 2007-05-10 19:29
白鷺さんへ
研究熱心とお褒めいただき光栄ですが、実はほとんど小判屋さんからヒントをいただいているんです。
白鷺さんのように日常的に着物を着ておられる方から見たら、きっと笑ってしまうような工夫かも知れませんね。こういう裏技もいいけれど、私なんかは基本的な着付けをもっと練習しないといつまでたっても上達しなさそう?
でも手早くきれいに帯が締められるので、いざという時に試してみます。
Commented by marcha at 2007-05-11 00:53 x
>その丹波布は、やはり草木染めなのでしょうか?

はい、丹波布は草木染です^^。
Commented by Medalog at 2007-05-11 20:36
marchaさんへ
きれいな布なのでしょうね。>丹波布
機会があったら見てみたいですが、現地へ行かないとなかなか見れそうにないですね。
Commented by momorangu at 2007-05-12 00:33
Medalogさん、こんばんは^^昨日名鉄の10Fきもの売り場へ行ってきました。ぜん屋さんに行って「先日友達(勝手にすみません)が草履を
買ったのですが、セール価格の物、まだ置いてありますか?」と
尋ねたら「今7Fにて大呉座の市をやっておりまして、そちらのほうに
セール価格の物なども持っていきました」との返事、さっそく7Fへ・・・
私の目にはその市が質のよいものかどうかは分かりませんが、
結構な人出!15日までやっているとの事です! Medalogさんとご一緒できれば楽しいだろうと思いますが、私15日の日しか都合が付かないので・・・チョッと苦しい!!10Fきもの売り場は上品で専門店街といったたたずまいでした。穴場かも^^V
Commented by Medalog at 2007-05-12 07:40
momoranguさんへ
名鉄に行かれたんですね。きれいで広くて、結構いいですよね?
名鉄のセールはリニューアル前と後のセールに行っただけなので「大呉座の市」にも行ってみたいんですけど、今回は残念ながら都合が付かない…。
機会があったら今度は一緒に行きましょう。お役に立てるようなアドバイスはできないと思いますが、会場を見て回るだけでも楽しいですよね。
Commented by amethyst at 2007-05-12 08:11 x
濃い色の着物に良く映えてます。チェック柄は明るく楽しい感じに
なるのですね。2部式の着方もしっかり研究してますね~
便利できやすそうでいいな~。
自分で作れるとなると素材選びが楽しくなるし
ほしい帯がどんどん増えていく。。。うわ~夢がふくらみますね。
Commented by Medalog at 2007-05-13 01:21
amethystさんへ
このチェック柄が茶系だったら、シックな感じになって雰囲気がまたがらりと変わるかもしれませんよね。バーバリーチェックのような感じ?
つい数ヶ月前まで帯が足りなくて困っていて、帯を見るたびに買いたくなっていたのですが、こうやって自作できるようになると帯の衝動買いしなくて済むようになった気がします。
次は夏物の帯に挑戦したいです。先日インテリアショップに行った時、夏用の暖簾がどれも帯の材料に見えてしまい、我ながら笑ってしまいました。
Commented by ももらんぐ  at 2007-05-14 00:57 x
再び立ち寄ってこのお太鼓をみれば、大きさといい、膨らみといい
チェックの柄あわせといい、パーフェクトのお太鼓ですね!!
こんなに、きれいにお太鼓決まるなんて、
2部式帯もあなどれないなぁ~~^^;
Commented by Medalog at 2007-05-14 23:27
ももらんぐさんへ
お太鼓結びが早くて簡単、そして確実とくれば、二部式帯を使わない手はないですよ!
正直なところ、最初は二部式帯って邪道なんじゃないかとも思っていましたが、着物の本や雑誌に出てこられるような着物上級者の方々にも二部式帯を愛用していらっしゃる方が多いみたいです。
ももらんぐさんも「これ!」という布地に出会ったら、一度お試しくださいね。
Commented by corno_petit at 2007-05-16 00:37
Medalogさん、こんにちは。
着物に興味を持つと、替え袖や帯の手作り、ひいては和裁などにもどんどん興味がわいてきて…。私は不器用なのでなかなか実行に移せないけれど、Medalogさんは身近にご教示くださる方がいて、羨ましい!
麻の格子柄の帯、とっても素敵です。今の季節、着付けの段階で結構汗ばんだりするので、少しでも簡単に見につけられる二部式帯はありがたいですね。
Commented by Medalog at 2007-05-16 19:50
cornoさんへ
ブログを通じて知り合った方々のおかげで、日々新しいことに出会えてありがたいです。
帯作りは布を買うのも、作るのも、そして着るのも楽しいです。

cornoさん、不器用なんてご謙遜されていますが、料理があんなにお得意なんですから裁縫だって私よりきっとお上手だと思います! 
背中を押してくれるきっかけがあるかどうかがカギなんでしょうね。

いつの間にか着付けの度に汗ばむ季節になりましたね。
帯結びに手間取っているうちに着物まで着崩れてしまい、汗で化粧は落ちるし時間はなくなるし…と焦ることもまだまだあるので、これからの季節には二部式帯が特に重宝するかも???
そう考えると、夏用の二部式がさらに欲しくなっちゃいます。
by Medalog | 2007-05-09 22:32 | きもの | Comments(14)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る