近所で花見

昨日、昼食のあと急に着物が着たくなり、小判屋さんからいただいた紬を着てみた。
すると今度はお出掛けしたくなり、夕食の買い物ついでにちょっと遠出をして桜の名所へ行ってみることに。

グレーの無地紬のきものに半衿と帯は芥子色という地味めの組み合わせ。
花見をする時にはどこかに桜をあしらって…なんてことができたらお洒落なのかもしれないが、そういうものは持っていないので、せめて帯締めは桜色にした。
(急に思い立って外出したので、写真は撮らず)

桜の花はほぼ満開。
いざ桜の下に立ってみると、花見には地味めな組み合わせの方が気分的に落ち着いていいのかも、と感じた。主役は桜なんだし。それに、ピンクとグレーは相性がいいし。
ただこんな時のために、帯留めや半衿、あとうそつきの袖なんかに桜の柄のものを持っていたらさりげなくおしゃれができるのかな。それならお金もかからないし、なんて貧乏性の発想?


しかし確か去年の今頃もそうだったが、黄砂のせいで空はどんより薄曇り。
曇天と桜の組み合わせは結構好きだが、黄砂が入ると黄色っぽい妙な色の空になる。
スカッとした青空の下の桜も見たいけど、桜もそろそろ散り始めているし今年はもう無理かな〜。
[PR]
Commented by ありがとう at 2007-04-04 14:56 x
私の娘より、貴女の方が着物をよくきてくれています。嬉しいですよ。今着物地の残布で半襟を作っているところなんです。今度逢った時にお持ちします。贅沢すると続かないよ、私は凄い波乱に飛んだ人生を生きてきましたので、そのお陰で発想が豊かになったんです。桜の帯もほんの一瞬しか締める機会がないので、ピッタリの生地があれば作ればいいのです。協力しますよ。
Commented by Medalog at 2007-04-04 20:13
小判屋さんへ(ですよね?)
いただいたこの紬は、無地であるせいか気軽に「着よう」という気持ちになれます。帯や小物も合わせやすいですし、洋服感覚で着られるのかもしれません。おかげで、着物を着る回数が増えました。

桜の柄の帯や着物を手に入れるのは私にとってはかなり贅沢なので、小物で揃えるか手作り(いい素材を見つけるのも大変ですが)ができたらいいですよね。その節はご指導よろしくお願いいたします。
by Medalog | 2007-04-03 19:47 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る