アンティーク帯と紬

小判屋さんから着物と帯をいただいたのとほぼ同じ頃、京都の今昔西村さんでアンティークの帯を購入した。

限りなく黒に近い藍地の、花七宝文型染木綿昼夜帯。
ここのところずっと探していた黒地の帯のイメージにぴったりで、模様や色使いが落ち着いているわりにはどんな着物にも合いそう。木綿で軽いので、締め心地も良さそうだ。
悩んだ挙げ句、marchaさんのお墨付きもいただいて購入したのだった。

昨日と同じいただき物のグレー無地の紬に、この帯を合わせてみた。

d0048332_17570100.gifd0048332_17562276.gif左が昨日、右が今日の写真。

今日は半衿に合わせて帯揚げと帯締めもピンク系で統一。
ピンクはグレーと相性がいいし、帯は濃紺地だが朱赤の模様が入っているので、ほどよく引き締まってほどよく明るくなった感じ。

この昼夜帯は、先日京都で着たピンクの色無地をはじめ、手持ちのほとんどの着物に合わせて使えそう。


d0048332_185780.gifお太鼓。
帯が柔らかいのと、丈が短めだったため、お太鼓を形作るのに手間取った。
(左の名古屋帯は約380cm、右の昼夜帯は約340cm)
こういう柔らかい帯をお太鼓にするには、長めの帯枕を使った方がいいのかもしれない。

黒い裏地が付いた昼夜帯なので、変わり結びも楽しめそう。いろいろ練習しなくちゃ。

着物は着やすく、帯は軽く、いい気分で外出できた。
今日は天気もよく、駒下駄でたくさん歩きすぎたので、帰宅して裏を見てみたら結構すり減ってしまっていた。やっぱり消耗品なんだな〜。

このアンティーク帯、手に取ってよく見ると生地に多少の傷みがあるのは否めない。
(もちろん確認した上で買ったのだが)
縫製は新しくやり直したそうなので、縫い目がほつれてくることは当分ないだろうが、布地自体がどこまで持ってくれるのかはわからない。

先日小判屋さんから聞いた話では、アンティーク帯を買った人がいざ着ようとしたら、着付けで帯を強く引っ張ったとたんに帯が壊れてしまった、ということもあったそうだ。
アンティークものは、今の新品の物にはない雰囲気があり、魅力的な物も多いけれど、耐久性に関しては品物を自分で見て判断するしかない。
アンティークにしろ新品にしろ、商品のどの部分に重きを置いて購入するのか、冷静に考えて買い物することが大切なんだと思う。
せっかく巡り会ったこの帯、大切に使います。
[PR]
Commented by marcha at 2007-03-24 02:02 x
よく合ってますね~^^。着物の格もあがりそうですね。お手持ちの着物のほとんどに合うってよかったですね。
Commented by Medalog at 2007-03-24 21:39
marchaさんへ
ありがとうございます。確かに着物の格が上がった感じがして、気分よく着ていられます。
ただ柔らかいのと短いので結ぶのが難しくて。帯にもいろいろあるんだと勉強になりました。
Commented by marcha at 2007-03-24 23:48 x
最初に買った大正更紗昼夜帯は370センチありました。そんな短いのがあるって思いも寄りませんんでしたが、考えてみれば当然でしたね。購入するときに気をつけたほうがいいですね。承知の上で購入するのとあとで気がつくのでは、取りようが違うかも‥私の母の遺した麻の葉地紋の黒繻子はやはり短いので、捻じらないで、紐でくくってなるべくたれの長さを確保します。最後の手段は二部式ですかね‥明日お迎えに行ってきます^^
Commented by miwaxsmania at 2007-03-25 21:41
Medalogさん
七宝文様の中に花柄が入ってるんですね。(花七宝と言うのねー、覚えました)上品できれい。
素材が綿っていうのがどんなかんじなのか、触らせてもらいたいです。

この帯があれば、これまでにブログで写真を拝見した着物あれこれに合わせることができそうですね。
今昔西村さんなどは、初めはひとりでは入りにくいお店のように感じちゃうんだけど、marchaさんがご一緒してくださってよかったですね。一度行くと、置き場所などわかっているからちっとも入りにくくはないとわかるのですが、きっかけをつかむのが難しいと思います。

柔らかい帯、私も難儀するものがあります。Medalogさんの写真を見る限りは、上手く着付けておられますが、おたいこの上側がまっすぐになりにくいですか?また、工夫など聞かせてくださいね。

別の取り合わせを見せていただけるのも楽しみにしていまーす。
Commented by Medalog at 2007-03-26 17:07
marchaさんへ
この帯は全通柄だったので短くても大丈夫でしたが、お太鼓柄だったら危なかったかもしれません。次からの勉強になりました。
marchaさんは、今昔西村さんの染め丸帯がとうとうお手元にやってきましたね! お互いに大切に使いましょう!
Commented by Medalog at 2007-03-26 17:17
miwaさんへ
花七宝って、私も初めて知りました。響きのいい名前ですよね〜。
素材はかなり柔らかい感じです。この写真(後ろ姿)でも、右側(手前に写っているほう)はお太鼓が体に沿っているのですが、左側(奥の方)は上部が潰れてお太鼓が三角になってしまいました。
何回か練習をしても上手にお太鼓が結べなかったら、長めの帯枕を買ってみようかな…。

今昔西村さんは、一人では絶対に扉を開ける勇気がなかったと思います。てっさい堂さんや白生地の三浦清商店さん、あときねやさんも、marchaさんやmiwaさんをはじめ、ブログで皆さんと出会ったからこそご縁ができたお店です。嬉しいしラッキーだと思ってます。
私もいつかは、教わるだけではなくて誰かに教えてあげる立場になりたい…。
Commented by momorangu at 2007-03-27 12:10
Medalogさん、どちらの帯もこの着物にマッチしていて、
いい味出していますね!!私も季節と場所を選ばない、略礼装にも
締めれる名古屋帯を物色中ですが、どうも、相場がよく分からないので
なかなか購入できません^^;洋服なんかより高価だし・・・・
ちなみにMedalogさんはどのくらいの価格ならOK!!即購入になるんですかぁ~??名古屋帯に、10万なんて事もよくある話ですかねぇ~~?
すみませんm(__)m下世話な話でm(__)mm(__)mm(__)m
Commented by 小判屋 圭祐 at 2007-03-27 15:16 x
21日のブログに間違ってコメントしてしまいました。
今日から着物を解いています。湯のしをしてからブログに載せますので
見てください。それと15年位前に貰ったバティクの布が出てきました。
服地一着分ですからこれを帯にすれば面白いかも・・・・・勿論自分で
挑戦するのです。ご一緒にどうですか・・・・・・・?素材は木綿でしっかり
していますし、水洗いしたけど色落ちも無し帯芯も知人に貰ったのがあります。材料はすべて準備OKですよ
Commented by marcha at 2007-03-27 21:58 x
Medalogさん
長いめの帯枕って市販されているのですか?私は前結びなので、前結びの「きの和装」さんの長いめの帯枕を使っています。ネットでも注文できると思います。
染めの丸帯、来ましたよ~^^古いことは古いけど、存在感たっぷりですね。前の大正更紗のほうが新しい気がしますが、お値段がこちらのほうが高かったぶん、お値打ち度が違うんでしょうか?西村さんに訊いてみます。なんでも訊きます^^;
Commented by Medalog at 2007-03-28 00:42
momorangさんへ
価格の相場ですか…ホントに一番気になるところですよね! でも着物歴の浅い私には的確にお答えする知識がなくてごめんなさい。
「もし自分が買うとしたら」という想像(妄想?)で言うと、略礼装にも着るのであればある程度の格が必要ですし、色や柄も長く使えるものを選ぶと思うので、もし「季節と場所を選ばない、おしゃれ着にも略礼装にも締められる」という理想通りの帯が見つかれば10万円以上でも買うと思います。名古屋帯でも格の高いものなら10万円以上のものも多いんじゃないでしょうか(多分)。

ただ、ひとつひとつの商品の適正な価格というのは自分で判断するしかないんですよね…。着物に詳しければネットショップやオークションでお得にGETできるんでしょうが私には無理だし。着物に詳しい人と一緒に店に買いに行くか、信用できるお店に予算を言って見繕ってもらうか、というのが無難なんでしょうか?

あまりお役にたてずに申し訳ありませんが、momoranguさんが素敵な名古屋帯を見つけられることを願っています。もし手に入れたら紹介してくださいね!
Commented by Medalog at 2007-03-28 00:51
小判屋さんへ
湯のしをしたら、また生地も生まれ変わって綺麗になるんでしょうね。ブログに載るのを楽しみにしています! 

バティックの布、いいですね! もしよろしければ、是非一緒にお願いします!
「二部式帯の作り方」という本を手に入れたものの、気に入った布も見つからずにほったらかしになっておりまして…。もし最初の一本を小判屋さんとご一緒に挑戦できるならとても心強いです。よろしくお願いいたします。
Commented by Medalog at 2007-03-28 01:05
marchaさんへ
長めの帯枕は、着物の本に載っていたので「きっと売っているんだろうな」と気楽に考えてましたが、そういえば実際に見たことはないかも?
きの和装さんや他のネットショップで探してみます。

染めの丸帯は確か全通柄でしたっけ? 大正更紗よりも細かく手が込んでいるようにも見えましたが、種類も違うし単純には比べようがないですね。
アンティークもののお値段の付け方というのはどんな感じなんでしょう? ぜひ西村さんにいろいろお聞きになって、また教えてください。せっかくお店とおつきあいが出来たんですから、遠慮なく聞いた方がお得ですよね!!
by Medalog | 2007-03-22 18:46 | きもの | Comments(12)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る