志村ふくみ展

滋賀県立近代美術館で開催中の「志村ふくみの紬織りを楽しむ」展を見てきた。


今回のお出掛けはだいぶ前から決まっていたのになかなか準備ができず、前夜7時の時点で色無地のしつけは付いたままだし、半衿はまだ付けていないし。初めて着る本格的なやわらかものなのに、一度も着付けの練習が出来ていないし。
当日遅刻しないためにも、夜になって慌てて準備と着付けの練習をする。
当日の朝、多少みっともないながら、なんとか着付けを終了し予定の電車に滑り込む。
なぜか今回も袖の振りから襦袢の袖が飛び出してくるが、もう慣れたもので、袖の中で着物と襦袢を安全ピンでとめてしまえば大丈夫だろうと、バッグに安全ピンを入れておき電車の中で直す。
羽織があるからお太鼓の形もあまり気にしない! でも、もうすぐ帯付きの季節だからこの手が通用しなくなるなあ。普段から着付けの練習をしておかなくちゃね。


京都駅からJRでほんの15分ほどの近さにある瀬田駅で、今回ご一緒する皆様と合流。
1月に京都へご一緒したmatchaさん以外の3人(小判屋さん、白鷺さん、aoiさん)とは初顔合わせだったが、今回も着物好き同士ですぐに打ち解け、バスに乗って美術館へ。

志村さんの作品を直に目にするのは今回が初めて。
志村さんが植物から抽出した様々な色の絹糸は、滋味溢れる優しい色合いからびっくりするような鮮やかなものまで実に多様。植物から出せる色には所詮限りがあるのでは?と思っていたので驚いた。作品を見る前に、入り口の絹糸が並んだコーナーの前でしばらく立ち止まってしまった。
その艶やかな糸を使って紡がれた着物の柄は、縞や格子などシンプルなものがほとんどだが、それぞれが非常に個性的。昭和30年代から平成まで幅広い年代の作品が展示されていたが、一つ一つに志村さんの強い想いがこもっているようで、「果たして自分は、これほど真剣に何かと向き合ったことがあるかしら?」などと考えさせられてしまった。

作品を見終わり、館内のレストランで昼食。
5人が一緒に座れなかったのは残念だが、それぞれのテーブルで話に花が咲く。
美術館に併設のレストランというと、金額の割りにお味は・・・というイメージがあったのだが、ここのランチはなかなかおいしかった。

d0048332_13134156.jpg
美術館前で記念に一枚。
右から、今回声をかけてくださったmarchaさん、お父様の黄八丈を仕立て直してきりりと着こなしていらっしゃる小判屋さん、作家さんに注文された山桜の素敵な染め帯が注目を集めていた白鷺さん、紬をお召しでもどこかはんなりとした風情のaoiさん、そして色無地をだらりとまとっている私。
全員関西圏の別々の府県に住んでおり、こうやって縁あって一堂に会するのはなんだか不思議な気もする。(marchaさんのおかげです)
しかしこうやって一緒に写真に写ると、皆さんと自分との力量の違いがよくわかって勉強になる。長羽織の丈も、出来上がった時から「長過ぎたかな?」と思っていたのだが、こうやって写真で見ると他の皆さんに比べてバランスが悪くてしまりのない印象なのがよくわかるし、実際に皆さんからも「もう少し丈が短い方がキレイかもね」とアドバイスをしていただいた。
ずっと迷っていたけれど、羽織の季節が終わったら丈の長さを考え直そう!


食事の後は京都へ戻り、白生地を扱う三浦清商店さんへ。
このお店は雑誌「七緒」にも載っていて、自分の好きな色に帯揚げを染めていただくとは贅沢で素敵だけれど自分には縁がないだろうな〜と思っていたのだが、まさか数ヶ月後にこのお店に来ることができるなんて。ブログで知り合えた着物仲間の皆さんのおかげだ。
今回はaoiさんと白鷺さんが帯揚げの染めを注文された。どれも素敵な色…。

私は夏物の帯揚げが欲しいけれど、この場で色を決められそうにないし…と思っていると、どなたの発案だったか、夏用の生地(1本で10枚作れる)を購入し、それぞれに枚数を振り当てて各自で好きな色を注文するという願ってもない話になり、私も2本染めていただくことに。
色は来月までに決めることにした。一枚はmarchaさんの真似ではないけれど瓶覗色かな。もう一枚は来月までにゆっくり考えよう。
初めての染めの注文、しかも今回ご縁のあった5人で一本の生地を分け合うという、思い出深い帯揚げになりそうで嬉しい。


続いて祇園のむら田さんへ。ここも初めて。
セールという事でお買い得の反物がたくさん積まれていたが、今のところ欲しいものもないし、よくわからないので真剣に見られなかった。本当はこういう時にいろいろな着物を見て勉強しないといけないんだけど。
続いて入った井澤屋さんでは、1月に見つけて気になっていた可愛らしい鈴の飛び柄の道中バッグを手に、買おうかどうか迷い続ける。しかしお稽古ごとをするわけでもなし、柄も可愛らしすぎるかな、と諦めて棚に戻してしまった。

その後「フランソワ」という喫茶店でコーヒーブレイク。レトロ調かつモダンな雰囲気が、着物姿の私たちに似合ってるかも!?(周りがどう思ったかは知らないが)
コーヒーにあらかじめミルクを入れて持ってきてくれるのだが、コクがあってとても美味しい。aoiさんお気に入りというブランデーケーキがとても美味しそうだった。食べれば良かったな。

ここでまたまた話が弾む。もう、なんの話をしたか覚えていないぐらいだ。
私には普段周りに着物の事を教えてくれる人がいないので、皆さんの話はとても楽しくて勉強になり、いくらでも話していたい。
私の素人丸出しの話も皆さん親切に聞いてくださり、またいろいろ教えてくださった。


あっという間に時間が過ぎ、そろそろ帰宅の時間が近づいてきた。
喫茶店の外で皆さんと別れ、私はmarchaさんが今昔西村さんに連れて行ってくださると言うのでウキウキと付いていく。
最近欲しいと思っている黒地の名古屋帯を探すが、どうもピンと来るものが見つからない。
「来月だいやすさんのバーゲンに行くんだし、今日は諦めるか…」と思いつつ、一度見た棚をもう一度見てみると、なんと! 自分好みの帯を発見してしまった!
黒に近い紺地の木綿素材の昼夜帯で、アンティークなので多少は生地の傷みもあるのだが、風合いが素敵だし色柄も私好みで使いやすそう! この日来ていた色無地にも合わせられるし、単衣のぜんまい紬を秋口に着る時にも使えそうだ。marchaさんからもお墨付きをいただき、商品を前にして迷いに迷う。
しかし結局、一晩寝て考えることにした。marchaさんも素敵な丸帯を気に入っておられたが、二人ともどうなることやら!?

しかし一日中とても充実していて楽しい時間でした。
皆様とはまたお目に掛かれますように・・・。



今回お会いした皆さまへ
このブログに掲載した写真をメールでお送りいたしますので、ご希望の方はご連絡ください!
[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2007-03-16 16:41 x
楽しい一日を過ごされましたねー、みなさんの着姿、うっとりと拝見しました。Medalogさん、色無地と羽織のコントラストが効いていて、とても映えますよ~。

白生地をみなさんでシェアして染めるなんて、とても粋な大人の楽しみですね。いいなぁ。でき上がりを私も楽しみにしていますね。
Commented by miwaxsmania at 2007-03-16 17:07
Medalogさん、志村ふくみ展オフのレポート、とても楽しく、私もその場にご一緒しているような気持ちで読みました。
またたくさん歩いてこられましたねー!
ご一緒している方々がステキな方々ばかりで良かったですね。皆様のお着物をナマで見たい触りたい。

Medalogさんの着物の色合わせ、きれいです。品良くまとめておられて、ステキ。私もご一緒して、実物を見たかったわ。

三浦清さんにも行けて良かったですね。ブログを通してのステキな出会いだと感じます、一反まとめて買うなんて、着物好き同士ならでは。
色もゆっくり迷われて、なかなか手に入らないようなものを染めてもらってくださいね。かめ(Macことえりでは「瓶」しか出ないのー)覗、私も大好きです。ぜひ!
Commented by aoi at 2007-03-16 23:13 x
medalogさま、まだまだお嬢さまの雰囲気で、ピンクがとってもお似合いでしたよー。どうかはなやかなものも大事にお召しくださいませ。羽織丈はなかなか難しいですね。あわせるきものにもよると思いますがわたしはひざ上くらいがすっきり活動的で好きです。わたしのものは母のお古で昭和40年代のものなのでかなり短いですがそれでも羽織ってコートよりナルシズムを感じてしまいますね。またお会いしましょうね。
Commented by marcha at 2007-03-16 23:58 x
今日、今昔西村さんにお問い合わせのメールを送りましたら、西村さんがお電話くださって、染めの全通丸帯というのは非常に贅沢で稀少性もあるから、それにそのままのほうが適用シーズンも長くなるとのことで、黒しゅす昼夜帯に加工するのはやめにしました。aoiさんに見てもらおうと思っていたのですが‥帯を25日にお迎えに行きます^^。Medalogさんもだいやすさんのバーゲンをやめてでも、あの帯を買っといたほうがいいよ~なんちゃって^^;;
Commented by Medalog at 2007-03-17 01:07
絵美さんへ
とても楽しい一日でした。みなさんの着物姿、本当に素敵でしたよ!見習いたい事ばかりです。
私の色無地、最初は派手かなと思いましたが、羽織と合わせればなんとか着られそうなので一安心です。

帯揚げの染め、贅沢な楽しみですよね!一本の生地をみんなで分けるのも楽しくてわくわくします。自分で色を決めるのはセンスが問われるところなので、ゆっくり色を決めたいと思います(私、センスがないんで・・・)。
Commented by Medalog at 2007-03-17 01:14
ミワさんへ
1月にミワさん・marchaさんとご一緒した時も楽しかったですが、今回は人数が増えた分さらにパワフルで楽しかったです。誰と隣り合わせになっても話が弾んで…。次にミワさんが関西に来られる時も、大勢で集まれたら楽しそうですね。
皆さんの着物や帯、目を近付けてしっかり拝見しました。幸せ。

帯揚げの色、かめ覗(同じくことえりなので)はほぼ決まりなんですが、もう一色はどうしようかな〜。きねやさんの社長に見立てていただくなら安心だけど、自分で色を選ぶわけで嬉しい反面いろいろ悩みそうです。
Commented by Medalog at 2007-03-17 01:25
aoiさんへ
これから着てみたい着物の色は皆様がお召しだったようなシックな色使いなんですが、この色無地のような色も着物ならではと思うので、着られるうちに楽しんで着てみます。
羽織の丈は作る時から悩んでいて、最初長めに作っておけばあとから丈を詰められるだろうと思って今の丈にしたのですが、やっぱりちょっと長過ぎた感じですね。人によって好みや似合う長さが違うので、私も自分に似合う長さを見極めないと。

aoiさんの羽織や紬は確かお母様のものだったでしょうか? 大切に着ていらして、とても素敵でした。お話もとても楽しく、是非またお会いしたいです。次はいつになるか、楽しみですね!
Commented by Medalog at 2007-03-17 01:37
marchaさんへ
>染めの全通丸帯というのは非常に贅沢で稀少性もあるから、それにそのままのほうが適用シーズンも長くなるとのことで、黒しゅす昼夜帯に加工するのはやめにしました

そうですね。昼夜帯にしても素敵だと思いますが、なにしろあの帯そのものが素敵でしたからそのままでもとってもいいですよね!
色合いからして、今からすぐに使いたい感じですよね。最初に合わせる着物はどれになるんでしょうか? 私も楽しみにしてます。

今昔西村さんにご一緒できて、素敵な帯も一緒に選べて、とても嬉しい一日でした。いろいろ親切にしていただき、本当にありがとうございました。

>Medalogさんもだいやすさんのバーゲンをやめてでも、あの帯を買っといたほうがいいよ~なんちゃって^^;;

…実は、一晩寝て考えた結果、もう買っちゃいましたよ〜! ふふふ。
使いやすそうなわりに存在感もあるし、きっと役に立ってくれると信じています。さて、あの帯に合わせる小物をきねやさんで…(エンドレス)

写真を送りましたが、今度は開けたでしょうか? もしダメでしたら、すみませんがまたご連絡ください。
Commented by marcha at 2007-03-17 23:18 x
>実は、一晩寝て考えた結果、もう買っちゃいましたよ〜! ふふふ。
>>わっ、本当??うれしい~、やったー^^
うん、うん、本当に存在感あった。だからぜひMedalogさんにあの帯を買ってもらいたかったです。うれしい~^^着ていらしたローズ系色無地の輝きがいっそう増していましたもの‥ぐっと落ち着きが出て、しかもめりはりあって、品がよかったです。。着物によってはカジュアルダウンもできそうですしね。黒しゅすのほうも楽しんでくださいね^^
写真はこれから作業しますね。お手数をおかけしました。
Commented by Medalog at 2007-03-18 22:50 x
marchaさんへ
あの帯、明日にはもう到着するんですよ!
早速いろいろ試してみます。昼夜帯の結び方をまた教えてください!
Commented by marcha at 2007-03-19 00:09 x
>あの帯、明日にはもう到着するんですよ!
わっ、いいなぁ^^私は21日にも京都に行くんですが、西村さんがお休みらしいので、25日にお迎えに行きます。昼夜帯、はまりますよ~。だいやすさんのセールにいらっしゃるなら、そのときに結び方をコピーして持って行きます。帯を買っちゃって、もういらっしゃらないなら郵送してもいいですよ。前の更紗帯を出してきて眺めましたが、本当に存在感があって、西村さんのおっしゃっていた通りの帯だったと思います。すごく説得力ありました。今度の帯もそうだといいなぁ。。
Commented by marcha at 2007-03-19 00:11 x
画像をありがとうございました。少し小さく加工してしまったけど、Medalogさんのもあるので、よしとします^^;;
Commented by corno_petit at 2007-03-19 02:52
Medalogさん、こんにちは。
皆さん、揃って素敵なお着物姿!こんな方々が街を歩いていらしたら、私、ずっと目を離せないに違いありません。
Medalogさんの色無地と羽織も、はんなりと優しい色合いで、なんて上品な組み合わせなのでしょう。
帯揚げを自分好みの色に染めていただく…お着物好きならではの、贅沢な楽しみですね♪染め上がってきたら、ぜひBlogでお披露目してくださいね。
Commented by Medalog at 2007-03-19 08:59
marchaさんへ
画像の件はお手間をかけてすみませんでした。よろしくお願いします。

昼夜帯の結び方、だいやすさんのセールの時に是非お願いします。セールの日程の都合が付けば、必ず行きますので! (ターゲットを帯から着物に変更します。)日程がわかりましたらまたご連絡くださいね。
marchaさんの選んだ帯、絶対に素敵だと思います。前回の更紗帯とは全く違った着こなしが楽しめるんじゃないでしょうか。手にするのが楽しみですね!
Commented by Medalog at 2007-03-19 09:04
cornoさんへ
皆さんそれぞれがとても素敵で、一緒にいて嬉しかったです。私もいつかは…です。
私の色無地は、セミフォーマルとして使う機会は当分なさそうなので、今回袖を通したのをきっかけに普段着としてどんどん着てしまおうと思っています。
お互いに、洋服では着ないような綺麗な色の手持ちの着物を楽しみましょうね!
(でもそろそろシックな紬を手に入れたい…)
Commented by 白鷺 at 2007-03-21 11:50 x
Medalogさん、こんにちは。
楽しいレポートありがとうございました。初めての参加でしたがすっかりお仲間に入れていただいて随分話し込みました。<m(__)m>
写真のUPもありがとうございます。
山桜の帯あくる日も先生との約束で締めて行ったところ、友人一人早速注文しました。
Commented at 2007-03-21 12:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Medalog at 2007-03-21 13:45
白鷺さんへ
私もmarchaさん以外の方とは初対面だったのでドキドキしていましたが、とても楽しい一日を過ごせて嬉しかったです。
白鷺さんの帯は本当に素敵でした。皆さんも見惚れていらっしゃいましたね。人生の記念日に作家さんの帯を誂えるなんて、憧れです。
またお会いできる日を楽しみにしております。

写真はメールでお送りしますね。
by Medalog | 2007-03-16 15:12 | きもの | Comments(18)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る