色の名前

「和の配色事典」 ディックカラーアンドデザイン株式会社 著
%u548C%u306E%u914D%u8272%u4E8B%u5178 | %u5546%u54C1%u60C5%u5831(%u66F8%u7C4D)

ブログにきものの事を書くようになってから、色を文字で表現する際の書き方(色の名前)について気になるようになってきた。

「グレー」「ライトブルー」などの使い慣れた英語の呼び方は、きものにはそぐわない。
それに他の方のブログやきものの本を読んでいて「長春色」だとか「鶸色」という色の和名が出てくると、実際にどんな色だかわからずに困ってしまうこともしばしば。
そろそろ色の和名を勉強しなくては、と思っていたのだが、本屋へ行った時に数冊の「和の色」に関する本を見つけ、その中の一冊を購入してきたのが上記の本。

独身時代少しだけ印刷に関わる仕事をしていたので、ディック(DIC)という言葉はちょっと懐かしい(カラー印刷をする際などに、色味の指定をするための色見本のこと)。その会社が出版したものだということで思わず手に取った。
色の和名と解説が詳しく書いてあるのはもちろん、「配色事典」なのでそれぞれの色を様々な模様に当てはめた時の配色の面白さも見ることができるので、きものと小物の組み合わせをイメージするのにも役立つのではないかと思い、これを購入してきた。
愛読書というよりは辞書に近い存在になりそうだが、しまい込まずに雑誌やWebサイトを見る時に活用しなくては!
[PR]
Commented by ももらんぐ at 2007-02-21 14:54 x
こんにちわ(#^.^#)
色の辞典そういえば私もあったと思い
本箱ゴソゴソしていたら、小学館の「色の手帳」が出てきました。
(古いものかも(-_-;);;)鶸色(ひわいろ)は載っていたんですが、
長春色は探せませなんだ・・・これ、どんな色ですか??
この本見始めたら、時間を忘れて見入ってしまいました!!
きっとMedalogさんもでしょう!!??(^_-)-☆

Medalogさんのスキンの色はとっても綺麗でいいですね!!
イメージがガラリと変わった気がします。
イメチェンですね(これも死語?)ちなみにこの色は牡丹色か、躑躅色
でせようか?(古文つもり(-_-;))
Commented by momorangu at 2007-02-21 22:19
ごめんなさいm(__)m続けてコメント追加しますm(__)m
ブログに卒業式の装い載せました!!見に来てね~~(^_-)-☆
古臭すぎてビックリかも!ハハハ(苦笑い
Commented by corno_petit at 2007-02-22 05:25
Medalogさん、こんにちは。
私も同じく!お着物のことを知るようになって、そしてBlogでもご紹介するようになってますます、日本の色の名前を知ることの大切さを実感する日々です。
「ピンク」と一口に言っても、それこそ何種類もあって、日本の色彩の豊かさに目を見張ります。
私はもっぱらインターネットで見ているのですが、やっぱりモニターによって見え具合が違うだろうと思うので、ご紹介されている本も探してみますね。
Commented by Medalog at 2007-02-22 11:10
momoranguさんへ
長春色(ちょうしゅんいろ)は、ややオレンジ寄りのくすんだピンクだと思いますが、口で説明するとなると難しいものですね〜。
ネットで検索していたら、「和色大辞典」(http://www.colordic.org/w/)をはじめ、ネットで見られる和の色辞典もいくつかありました。
(この「和色大辞典」は、私が買った本よりもたくさんの色が出ていてちょっとショック…)
cornoさんがコメントされているように、パソコンのモニターに寄って見え方が違うと思いますが、長春色も出てましたのでお暇な時に見てみてくださいね!
このスキンは、色があまりにも春らしくて明るい気分になれそうなので、桜が散るまで使おうかと。ちなみにこの色は、上記「和色大辞典」で照らし合わせると「躑躅色(つつじいろ)」あたりが近いような気もしますが、やっぱり「ピンク」と呼ぶのがしっくり来るような色ですね。
Commented by Medalog at 2007-02-22 11:22
cornoさんへ
色の見え具合は、パソコンのモニターによっても違うし、同じ本でも保管状況によって違って見えたりするから、難しいですよね。上のコメントで紹介した「和色大辞典」と私が買った本を比べても、同じ色なのに違う色味に見えるものもあるし。
まあ、仕事で使うわけではないので、そんなに神経質になる必要もないのでしょうが。

色の和名は耳にも美しいものが多くていいですよね。
「瓶覗」や「東雲色」など普段は耳慣れない色の和名は、聞くだけでその色が頭の中に広がって優雅な気分になってしまいます。
by Medalog | 2007-02-20 13:04 | きもの | Comments(5)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る