きもの好き

仕事先で、仕事の引き継ぎのために初めてお会いしたSさん。
引き継ぎの時間は半日しかなく、緊張しながらメモを取ったり質問したりしていたのだが、だんだん雰囲気が和らいできて、仕事の話の合間に自己紹介がてらお互いのことを話すようになった。

そこで、二人とも着物に興味があることが判明!
Sさんは、私のような素人と違ってずっと以前から着物に親しんでこられたようだが、お嬢様をはじめとした周りの人が着物に興味がなく、着物の話をするのは久しぶりだとか。
「嬉しいわ〜」とおっしゃいながら、話は一気に着物のことになってしまった。

年頃のお嬢様に少しずつ着物を揃えていらっしゃるとのことで、先日も某呉服店の展示会にお嬢様を連れて行ったのに、お嬢様はSさんがあれこれ着物を薦めても全然興味を示さない。
業を煮やしたSさんが「それなら、この会場にあるもので気に入ったものがあったらどれでも買ってあげるから勝手に選びなさい!」と言うと、しばらくしてお嬢様が「これなら着てもいいかなあ〜」と言って選んだのが、なんと牛首紬でSさんはびっくりしてしまったそう。

「それで、その牛首紬、どうしたんですか?」と聞くと、
「・・・買っちゃったわよ。私も持っていないのに。」
う〜ん、お嬢様が羨ましい。

そんな話をしつつ、なんとか引き継ぎも終了。
残念なのは、Sさんは退職されるため、もうお会いする機会はないということだ。
Sさんも「もっと着物の話がしたいわ〜」と言いながら帰っていかれた。

Sさんのように着物歴が長い方でも、周りに着物友達が多いとは限らないようだ。日本の着物人口は、やっぱり少ないのだろうか。
Sさんとは残念ながらすれ違いで終わってしまったけれど、これから着物を着る友人が少しずつ増えてほしい。大人になってから友人を作るのは難しいと言うけれど、「きもの」という共通の趣味を通じて、これからもいい出会いが増えますように。
[PR]
Commented by miwaxsmania at 2007-02-16 21:54
Medalogさんの文章を読んで、考えてみたらよほど親しい人とでも、普段の会話で着物のことを口にするってないなーと思いました。
意外にお話ししたらきものが好きってありそうですね。
文中に出てくるSさんのお嬢さんは牛首紬を買ってもらえたそうで、ラッキーだよなー。あー、私も結城を買ってくれるスポンサーが欲しいです。(そんなものはおりません!)
しょうがないので、ちまちま貯めていこうと思います。

そうそう、関係ないけどNHKテキスト「おしゃれ工房」3月号の中に「松阪木綿」「伊勢型紙」が載っていて、とてもステキでした。本屋に寄られたらごらんください。
Commented by Medalog at 2007-02-17 00:54
ミワさんへ
私の周りにも、実はもっと着物好きの方がいるのかもしれないな、と思います。でも特に職場では話題に上らないし、なかなかわからないものですよね。

Sさんのお嬢さん、せっかく牛首紬を手に入れたんだから是非着て欲しいですよね(Sさんは、残念ながらお嬢さんの着物は身幅が足りなくて着られないそうなので)。
でもSさんも嬉しそうに話しておられたので、聞いているこちらも楽しかったです。
私にもスポンサーはいないので、結城を買うとしたらmarchaさんお薦めのリサイクルかな〜。何年先になるかはわかりませんが、そうやってぼちぼち探すのも楽しいかもしれません。またご一緒することがあれば、ミワさんも一緒に探してくださいね。

おしゃれ工房のテキスト、教えていただいてありがとうございます! 明日にでも早速見に行ってきますね。
by Medalog | 2007-02-13 22:15 | きもの | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る