伊勢型紙の展示会

d0048332_18121051.gif
津市の三重県立美術館で「伊勢型紙 技と美の世界」という展覧会が催されていたので行ってみた。
伊勢型紙とは、ご存知の通り江戸小紋に代表される着物などの柄の染色に使う型紙のことだ。
室町〜江戸時代に、白子(しろこ=現在の三重県鈴鹿市)で生産された伊勢型紙が江戸に運ばれて染められ、武家の裃に使われる江戸小紋から後には庶民の衣装まで、幅広く愛用されることになったとのこと。
しかし戦後は着物を着る人の減少などで伊勢型紙の需要も減り、現在は「重要無形文化財保持団体」に指定された「伊勢型紙技術保存会」が伝承者の養成に努めているそうだ。

展示会場には、様々な型紙と、それを使って染められた布や着物が飾られていて、将来江戸小紋が一枚は欲しい私にとっては堪らない空間だった。
d0048332_18122570.gif
江戸小紋に使われている「錐彫り」は、半円形の彫刻刀を型紙に垂直に立て、くるりと回転させて丸い穴をあけるのだそうだ。なんと根気のいる仕事だろうか。
会場内には職人の方たちの作業場も設けられていたのだが、ちょうど休憩中とのことで作業の様子は見学できなかった。残念。

ちなみに私が欲しい江戸小紋の柄は今のところ「鮫」なのだが、「松葉」や「菊」、それに「家内安全」という文字が彫られているものまで、実に様々な柄を間近に見て心が揺らぐ。
遠目には無地に見えるからこそ、近くに寄ったら「こんな柄だったのね」と驚くような意外性のある柄を選ぶのも江戸小紋の楽しみなのかも。
もちろん、何枚も買えればいろいろな柄を楽しめるけれど、そうはいかないので・・・。

また、いろいろな型を組み合わせて染めてある着物は、一色使いでありながら、多色染めの訪問着にも負けないような豪華さと迫力でびっくり。
このような素晴らしい技術を伝承しようと努めておられる皆さんには頭が下がる。いつまでも続けてもらいたい。


せっかく美術館に行くので、久しぶりに着物を着てみた。

d0048332_18124085.gifこれは先日つい衝動買いしてしまった、仕立て上がりの小紋。
帯は一番最初にポリ着物と一緒に買ったポリの半幅帯。
半衿は手芸店で買ったポリの端切れを半衿サイズに縫い直した。

今回の着付けは、衣紋は上手く抜けたのに、おはしょりが長過ぎて上手くいかなかった。しばらく着ていなかったので、腰紐のちょうどよい位置を忘れてしまったのだ。
結局帯を締めた後に長過ぎるおはしょりを内側に折り込んだので、おはしょりがボコボコ。(写真では手で必死に隠してます)

本当は小紋と一緒に買った芥子色の名古屋帯を締めるつもりだったのに、着付けに時間を取られてしまい急遽半幅帯に変更してしまった。帯揚げもないし、ちょっと帯のあたりの色使いが暗いかも。
小紋は衝動買いだったけど、季節や場所を選ばず気軽に長く着られそうな色・柄なので、結構気に入っている。
しかしこうやって見ると、帯を上のほうでギュッと締めすぎているかな。本当はもう少しゆったり締めて、帯の中に携帯電話ぐらい挟める余裕が欲しいのだけれど、着崩れが心配でついついギュウギュウに締めてしまうんだよね・・・。
帯をゆったり締めるコツを、どこかで探してこなくては。

和装ブラを買ったので、今回初めて使ってみた。
バストを押さえる効果はもちろんだが、鎖骨の下のくぼんでいる部分が長さ調節のための面ファスナーになっていて、厚手の生地が2枚重なっているので、くぼみの補正(完璧ではないが)にもなってくれた。胸の部分は今までで一番すっきり着付けができたと思う。

あと、やっと着付けが終わって鏡を見たら、袖の振りからまたもや襦袢の袖が飛び出している。
よく見ると、襦袢の袖のほうが小紋よりもちょっと短いよ! うわ〜どうしよう。
時間がないので、小さい安全ピンを2本持って家を飛び出す。道中でこっそり襦袢の袖を安全ピンで着物に留めて一安心。
うそつき襦袢も小紋も既製品だから、こういうことがあるんだな。やっぱり自分サイズで仕立ててもらうのが一番なのだと実感。(それでも、値段につられて既製品ばかり買ってしまうけど)

季節的には羽織を着ていきたいところだが、まだ持っていないのでショールで我慢する。
羽織は、今日みたいに着付けが上手くいかなかった時のお助けアイテムにもなりそうなので、早く欲しいなあ。
最近、既製品でもいろいろな色柄の羽織を見かける。価格もお手頃なので、気に入った柄があれば一枚買っちゃおうかな?とも思うけれど、なかなか見つからない。焦らずに探そう。
足袋は薄手の綿のものを履いたのだが、さほど寒い日でもなかったのに爪先が冷たくなってしまった。これからの季節、外出するならもっと厚手の足袋が必要かも。


支度ではバタバタしたけれど、着物で出掛けるのには絶好の季節で、楽しい一日だった。
この間まで「暑いから着物は着たくない」なんて言い訳していたのだから、これからの季節は機会があればどんどん着なくちゃもったいない!
それに、長い間着ないでいると着付けを忘れるし・・・。
[PR]
Commented by miwaxsmania at 2006-11-25 07:38
私の大好きな色合わせです。帯締も素敵だわー。
着付けも決まってますよー!(和装ブラ使ってらっしゃいますか?)

> 帯の中に携帯電話ぐらい挟める余裕
あ、わかりますー。実は私もi-Podの小さいのを帯の間に挟んで出かけたいなと考えているのだけど、着付けが思い通りにできなくて。
森田空美さんを間近で拝見したとき、帯の上側を3センチくらい空けてらっしゃいました。(下はぴったりだから、崩れなさそうで楽そうでした。)そうできるといいのですが、なかなか。

羽織、私も今年は誂えは我慢することにしました。Medalogさん、いいものが見つかったらぜひ見せてくださいね。
Commented by Medalog at 2006-11-26 17:07
miwaさん、ありがとうございます。
ちょっと渋い色使いだったかな・・・。でも、これくらいのほうが気負わずに着られるし、私もけっこう気に入っております。
和装ブラ、使いましたよ!本文にも書きましたが、なかなか良かったです。

着物を仕事できている方たちは、帯の上側をうまく空けていろいろなものを挟んでいらっしゃいますよね。携帯電話、小銭入れ、ハンカチ、ペンなどなど・・・。
帯の下側を腰骨に引っ掛けるようにすると、自然に上側が空いて楽だと聞いたこともありますが、まだ試したことはありません。
今は帯揚げや帯枕の紐すら入れ辛いほどきつく締めてしまっているので、次に着物を着る時は帯の位置に気をつけてみます。

羽織は、お互いに良いものに巡り会えますように・・・。
Commented by momorangu at 2006-11-27 14:06
Medalogさん、こんにちわ!!
着物ステキな色あわせで着付けもGOOD!!に見えますが(^^♪
おはしょりがピッタリいかないとちょっとイライラするよねぇ~(*_*;
おはしょりは内側の物を畳み込んで一枚だけにする着付け方法もあるけどね・・帯は下側を持って締めるといいみたいだけど、ゆるいのも着崩れするみたいで心配だからついつい締めてしまいますけど、これも性格が、着付けに出るという事でしょうか(;一_一)

いつも不思議に見ているのだけど、写真はどのように撮っているんですか?ご主人か誰かがカメラマンですか?素朴な疑問です(?_?)

羽織いいですよ~!!帯結び気にしなくていいし、体系がストレートに出ないから、ずん胴補正も気にしなくていいですよ!ぜひ購入してください。その時は、写真にて紹介してくださいね。
Commented by Medalog at 2006-11-28 15:36 x
momoranguさん、おはしょりは毎回失敗の連続なんです。
自分サイズに仕立ててあるものでさえ、おはしょりが長くなりすぎてしまうということは、着付けの仕方が悪いのでしょうね・・・。
「帯は下側を持って締める」というのも着付けの本に載っていましたが、ちゃんと意味があることなんですね。次に着る時には、そこを意識してみます。

写真は、デジカメのセルフモードを使って自分で撮っているんです。誰もいない部屋で、一人でカメラに向かってポーズを付けているんですから笑っちゃいますね〜。
人様にお見せするほどのものでもないとは思いつつ、自分自身のコーディネートの記録として載せています。

羽織は、本当に欲しいんですよね。でも着物と違って何枚も買うものでもないので(私にとっては)、なかなか決断できません。
今年はもう無理そうだけれど、来年の今頃は羽織を着てお出掛けしたいです。
Commented by corno_petit at 2006-11-29 22:49
初めまして、cornoと申します。
私は最近お着物に目覚めてきたところなのですが、シックな色合いのお着物と帯が素敵で、コメントさせていただいちゃいました。
私の着付けの先生も、帯の上部をゆるぅく結んでいました。私の帯結びでは、薄い鏡くらいしか入りません…どうやればいいのでしょう…。

だんだん寒くなってきて、羽織やコートが必要な時期になってきましたね。素敵に羽織をお召しになっている方を見るにつけ、うっとりとしてしまいます。
私のBlogから、リンクを貼らせていただいてもよろしいですか?
これからも、よろしくお願いします。
Commented by Medalog at 2006-11-30 11:40
cornoさん、初めまして。コメントありがとうございます。
帯結びは難しいですね。昨日も着物を着たので、上部がゆるくなるように意識して結んでみたのですが、結局いつもと同じになってしまいました。
着付けの先生とまだおつきあいがあるのでしたら、ぜひコツを聞いてみてください!

最近更新をサボり気味のブログですが、リンクよろしくお願いします。
また遊びにきてくださいね。
by Medalog | 2006-11-24 19:41 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る