大島紬

友人からいただいた反物をアンサンブルに仕立てた大島紬。
5月に仕立て上がってから季節的に着る機会がなく、
ようやく昨日着て出掛けることができた。

d0048332_8173094.gif濃紺地に大きめの牡丹が流れるようにあしらわれているこの色柄は、今の自分では多分選ばないタイプのものだ。
初めて反物で見た時には、着物の知識がほとんどない時だったこともあり、色は暗すぎるし、柄は大きすぎるし、今の自分が着るには『地味派手』すぎる、という印象だった。年を重ねて着物も着慣れてきた10年後ぐらいに似合うようになるかしら?と思いつつ仕立てにまわしたのだった。

帯は、この大島に合わせられるようにと買った生紬の染め帯(これも今日が初おろし)。
締めやすくて着崩れもしないし、身に付けていることを忘れてしまうほど軽い。もともと軽い素材なのと、名古屋仕立ての胴に巻く部分の帯芯を一重にしてあり(通常は帯芯をあててから半幅に折るので帯芯が二重になるとのこと)、長時間締めていても負担にならないように工夫したそうだ。

地味すぎるかも?と思っていた大島紬と、可愛らしすぎるかも?と思っていた染め帯を今回初めて合わせてみたが、結構馴染んでくれたようだ。また仕立て上がって着てみると反物の状態で見るよりも柄のバランスも良くなり、色柄や質感の美しさが実感できたのが嬉しかった。
帯揚げが薄いピンクだったのだが(写真ではほとんど白く見える)、これが馴染んでいないような気もする。でもどんな色を合わせればいいのか、よくわからない。
大島が新品で生地がまだ堅く、今ひとつ体にフィットしないのと、着付けが下手なこともあって上半身がすっきりならなかった。胸の補正も和装ブラもしていないのだが、着付けが下手なうちは和装ブラをしたほうがよさそうだ。今度店に行ったら買ってこよう。
あと、友人と並んで写真を撮ったら、襦袢の衿をきっちり合わせすぎているのがわかった。
もう少しだけ衿をゆったり合わせて、衣紋をきれいに抜き、胸の補正をして生地がたるまないように着ることが次の目標になった。


今までポリエステルと木綿しか着たことがなく、正絹の着物で初めて外出したので、着崩れよりも汚れてしまうことが一番怖かった。
ポリや木綿は、「汚れたらうちで洗えばいいや」という洋服同様の感覚なので、所作も洋服の時とほとんど変わらず、気楽なものだった。
しかし正絹だとそうはいかない。
車を運転する時に気になるのは、シートやシートベルトと着物や帯がこすれて汚れたり毛羽立ったりしそうなこと。あと、乗り降りの際、ふくらはぎの部分がどうしても車体に触れてしまうこと。運転中にペットボトルの飲み物を飲むのも、雫が落ちそうで気が引ける。
食事の時は、汁物がはねたりこぼれたりしないようにするのはもちろん、テーブルに袖が触れるのすら気になる。きれいなレストランや料亭ならともかく、少しカジュアルな店だと椅子の座面や背もたれが気になる。でも椅子にハンカチを敷いて座るのも店に対して失礼か?
みなさん、着物を着ている時はどこまで気を使っていらっしゃるんでしょうか?
[PR]
Commented by momorangu at 2006-10-29 01:05
こんばんわ。大島の泥染めらしい、しっとりとした感触が大好きです。
写真で拝見する限りとても上品に着こなされているようですが・・・。胸補正は、綿が入った補正下着でやってます。えりは、後ろに引っ張る紐の付いた襟を縫い付けて使用しています。ずいぶん昔から使用している物だから今はもっといいお道具が出ていますかねぇ~。胸元の食べ汚しが一番気になります。ハンカチでもよだれかけみたいに使って食事をしたいくらいです。ラーメンやスパゲティー、カレーうどんなどは食べたらダメですよね~。袖の汚れも気になります。いつも後から気がつくんですでにシミか、カビはえてます(;一_一)でもでも、きものを着るのは止められないんですよね~(*^。^*)正絹の肌触りは何時着てもいいですもんね。
Commented by Medalog at 2006-11-03 14:59 x
やはり補正下着を利用されていますか。今まで「補正はめんどくさい」と思って一切していなかったのですが、何回か着て行くうちに「きれいに着たかったら補正は必要なんだ」と感じてきたので、今度補正下着を買ってみます。
食事は本当に気を使いますね。割烹着を着たいぐらい。この大島は色が濃く、汚れているかどうかわからないので、次に着る時にはシミやかびになっていたらどうしよう?と不安です。
でも、正絹のものはポリとは肌触りも着心地も比べ物にならないほどいいなのがわかってしまったので、お手入れの勉強をしながら大事に着たいです。
Commented by momorangu at 2006-11-03 23:37
再びコメントしています。胸補正は大きくても小さくても、胸元が綺麗に見えるよう必要な補正だと思います。私の場合はそれほど胸が大きくは無いのですが鎖骨からアバラにかけて肉が取れているので肩から胸に向かい斜めに綿を入れた下着を身に着けます。着付けを習っていた頃の先生の手作りの一品です。重宝してます!!大島の話でたんすを見たんだけど、着物好きの母が持たせてくれた「白大島」というものがありました。大島なんだけど白い生地なんですよね(*^。^*)ブログの方で写真紹介しますね。楽しみにお待ちあれ!!(私の事だからそんなに直ぐ出来ないかも)
Commented by Medalog at 2006-11-04 14:17 x
胸元の補正の話、参考にさせていただきます。先生の手作りの品とは、素敵ですね。大事に使いたくなりますね。
白大島というのは見たことがないので、拝見したいです! 是非是非、ブログで紹介してくださいね!
Commented by miwaxsmania at 2006-11-15 21:27
Medalogさんの着付けを見にうかがいました。うーん、きれいに着ていらっしゃると思います。
Medalogさんは裁縫も出来る方なので、ご自分でお作りになったらいいんじゃないでしょうか。

私は以前美容じゅばんとかいう補正ベストを買いましたが、それよりは自分の体型に合わせてタオルや脱脂綿を当てる方がきれいに収まると実感しています。
このあいだ「あしべ織り肌じゅばん」を教えていただき、楽天の共同購入で申し込んだので、身につけてみたら感想を申し上げますね。(12月ごろ届くと思います。)
Commented by Medalog at 2006-11-16 12:22
miwaさん、わざわざ見に来ていただいてありがとうございます。
私はプラスチックの差し込み衿芯を使っているせいか、胸元の衿が重なる部分だけが前に出てしまい、衿から肩にかけての部分がパフパフしてしまうような気がするのですが、他の方から見ると気になるほど浮いてはいないのでしょうか?
でも全く補正をしていないのはまずいですよね。自作できたらいいのですが、何をどうすれば良いのか見当がつかなくて・・・。まずはタオル補正などを試してみます。「あしべ織り肌じゅばん」、是非感想をお願いします!
by Medalog | 2006-10-26 10:40 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る