今日のメダカ

半ば放置していたメダカ卵のプラケースをふと覗くと、なんと一匹の稚魚が!

d0048332_1253954.jpgメダカの稚魚なんてどれを見ても同じ姿形なんだけど、何回見ても可愛いわ〜。
今年初の稚魚だから、余計に健気に感じるのかもしれない。
しかも、嬉しいクロメダカの稚魚。
うちのメダカはヒメダカ12匹に対してクロメダカは3匹しかいないので、クロメダカにはたくさん卵を産んでふ化して欲しいのだ。

この写真を撮ったのが昨日の昼。
昨日は、稚魚は水面を元気いっぱいに泳ぎ回っていた。
でも今朝一番にプラケースを覗くと、底の方に沈んでほとんど動かない。
陽射しが差し込んで水温が多少上がってくるにつれ、少しづつ泳ぎだしてきたけれど
昨日に比べるとどうも元気がない。
水底から数センチしかない水面まで上がろうと、小さい体を目一杯動かしながら
浮上するのだが、途中で力尽きたように動きを止めて沈んでしまう。

過去2年の経験からすると、一度底に沈んで動かなくなった稚魚は
その後動き出すことはあっても数日内には星になってしまうことが多い。
元気な稚魚は、ずーっと水面を泳ぎ続けているような気がする。
まだまだ水温が低いこの時期に生まれた稚魚。
無事に大きくなってほしいなあ。
[PR]
Commented by ごっちゃ at 2006-04-17 23:01 x
medalogさんの読みは当たりですね・・・
うちの子メダカも水換え時に7匹ほど底でフラフラしていましたが、2日後にはみんな☆になっていました><
生き残るのは水面を元気に泳いでいる子だけです。
底に着いたらもう・・・
めだかの世界も厳しいです。
Commented by Medalog at 2006-04-18 09:38
ごっちゃさんへ
正直なところ、稚魚は無事に育つよりも星になる数の方が多いです。
自然界よりは育ちやすい環境だと思うのに、なぜなんでしょう・・・。
by Medalog | 2006-04-17 13:05 | メダカ | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る