メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

足クッション その後

茶道教室が、早くも全行程の半分・3ヶ月終了した。
まだ体験気分ということもあり、おかげさまで楽しく通っている。

問題があるとすれば、やはり正座の時の足の痛みだ。
ひと月ほど前から足袋の中に入れる「足クッション」という商品を使っていて、私にはまあまあ効果があるようで痛みがかなり緩和されている。

「これはもしかしたら足が正座に慣れてきていて、足クッションがなくてもあまり痛くないのでは?このような小道具はできれば使わない方がいいのでは?」と思い、年内最後の教室には足クッション無しで参加してみた。
でも、やっぱり痛い…
ただ最初に痛みを感じた時のような、板の上に座っているようなゴリゴリした痛みではなかったので、多少は足が慣れてきたのだと思う。

痛くなければ足クッションを卒業しようと思っていたが、来月以降もしばらく使うことになりそうだ。



足クッションを使うことで心配なのは、草履の鼻緒が緩むことだった。
この日は足クッションを使わずにいつもの草履を履いたところ、あっ!やっぱり緩んでる!
しかも左右で緩み方が違って、右足の方は足クッション無しだとすっぽ抜けそうなほど緩んでしまっている。
しずしずと歩く分にはなんとか履けるが、小走りなんてできない状態だ。

茶道を続けるなら、今後も足クッションや足袋カバーを使うので鼻緒が緩めの草履が一つあってもいいのかもしれない。
でもこの草履はピンクの台に白い鼻緒で、私の普段履きの草履の中で唯一綺麗な色合いのもの。
これ以外は黒っぽい台の草履しかないので、次の春に履きたい草履がなくなってしまう。
どうしよう?鼻緒を直すか?緩んだまま履くか?
鼻緒を直して、今後は足クッションを履かずに持参して教室に着いてから足袋の甲に差し込めばいいのかな。



一つ言えるのは、鼻緒が緩んだのがカレンブロッソのような鼻緒の調整ができない草履でなくてよかったということ。
履き心地の良いカレンの草履が足クッションのせいで緩んだりしたら、泣くに泣けないもの。
そうだ、普段履き用に綺麗な色目のカレンの草履を買い足して、鼻緒が緩んだ草履はこのまま履き続けたらいいかも!
…とならないように気をつけたいところだが、そうなってしまいそうな気もするなー。


[PR]
Commented by amethyst at 2017-12-29 14:27 x
茶道教室楽しまれていてよかったですね。
足クッションによる鼻緒のゆるみはドキッとしますね。
草履一足も普通の履物に比べたらお高いものですから
手に入れたものは大事にしていきたいですね。

↓のメガネが折れた事件も大変!
それに一番良く使っていたものだと
またショック!
頼れる身の回りのものながーくつかいたいですね。
Commented by Medalog at 2018-01-08 19:23
> amethystさん
お返事が大変遅れてしまってごめんなさい!
足クッションは草履の鼻緒には少ししか重ならないので、こんなに鼻緒が緩むとは思わなくてびっくりしてしまいました。
どこかのお店で鼻緒をきつくしてもらおうと思いつつ、そういう付き合いのある店がないのでどこに持ち込めばいいのやら悩んでいます。

メガネの方は全くの不注意で、本当にもったいないことをしました。
作り直したメガネが度数もピッタリになり、フレームもレンズも軽くなって使い勝手が良くなったので、これを大事に使おうと思います。
by Medalog | 2017-12-26 08:54 | きもの | Comments(2)