茶道教室

義母の飛び柄小紋を初めて着てみた。

d0048332_10121488.jpg
帯や小物は前回の記事の通りで、地味目にまとめられるものを選んだつもり。
それでも今まで好んで着ていた無地の紬と比べると派手に感じるが、その雰囲気も一度着たことで大分慣れた。

そして小紋の着心地が結構好きだな、と気がついた。
畳の上で立ったり座ったり膝をにじったりするときは紬より着崩れしやすいが、手を動かしているときの袖の動きはやわらかものが綺麗で気持ちがいいので、今後この小紋を着る機会が増えるかも。

でも、この飛び柄小紋と帯まわりのコーディネイトはまだ全然ピンとこない。
手持ちの帯を合わせて研究してみよう。



茶道教室を「着物を着る機会」と考えるなら毎回手持ちの着物をあれこれ着て行きたいところだが、ちょっと思いとどまっている。
教室が貸し会議室に薄手の畳を敷いているところで、抹茶をこぼさなくても着物の裾が汚れがちになること。
あとは、私の所作が雑なのを見た先生方が「着物初心者なのに頑張って着てきて偉いわね」という認識のようで、とても着物歴10年だとか袷着物を何枚も持ってますと言える感じではないこと…。

今週は雨が降っていたので教室が始まる前に足袋を履き替えていたら、先生に「あなたは歩きかたがアレだから足袋に汚れがハネちゃうのよね」と言われて草履を履いた状態の歩き方から指導いただいてしまった。
もちろんレッスン中には畳での歩き方も何度も注意されるし、手指の揃えかたもなかなかマスターできなくて、われながらガサツに生きてきたなあと反省中。

ただ、今さら歩き方から教わるのは恥ずかしいが貴重な体験で、教わったことが実践できると却って動きが楽になるし、他の生徒さんを見てもちょっとした手直しを受けるだけで優雅に美しく見えている。
今回ご縁があった先生が「半年間だけだから手順さえ覚えれば多少不格好でもいい」という考えではなく、「最初から動きの美しさをしっかり覚えてもらいます」というお考えなのはありがたいことなので、この機会にできるだけ動きの美しさを身につけたい。



それから、ひと月通ってから出てきた悩みが、正座すると足の甲が痛いこと。
長時間正座した時の足の痺れはだんだん減ってきたのだが、足の甲の足首に近い部分が畳に当たると痛くなってしまって、痺れていないのに長く正座できなくなってしまった。

楽な正座の座りかたも教わっているのだが、なかなか実践できない。
来週は足袋の甲の部分に綿を仕込んでおいたら少しは楽になるかしら…
でも、綿が畳に落ちたら恥ずかしいだろうなー。


[PR]
Commented by fuko346 at 2017-11-10 10:40
小紋 とても素敵です、派手ではないと思います、と
以前も書いたような気がします。
お似合いだと思います。

足の甲 骨のあたるところ三か所 黒ずんできたなくて
素足にサンダル はけません 泣
はい 痛いです。どうにかならないものかしらん。
Commented by Medalog at 2017-11-10 16:19
> fuko346さん
自分でもだんだんこの小紋に目が慣れてきた感じです。
いずれ風子さんとお会いする時にも着ていければなと思います。
でもどんな帯を合わせればいいのか、さっぱりわかりません…

風子さんでも足の甲は痛いのですか!
慣れれば治るどころか、正座の回数が増えるほど痛みが蓄積していくのかも!?
どうしよう…来週の教室で正座できるかしら。
ちょっと調べてみましたが、足の痺れは座り方で解消できるけど甲の痛みは足首をやわらかくするしかないという意見が多いみたいです。とりあえずストレッチしてみます。
Commented by amethyst at 2017-11-11 22:26 x
お久しぶりです!
Medalogさんの着物ライフも肩の痛みが治まってきたおかげで
段々復活してきましたね~~
作り帯、袋帯、義母様から受けついた小紋、
そして茶道教室にも参加とは!すご~~い
私、春から別の講座に参加していて
着付けをずっとしていないのです。
見習わなくては!
そろそろ着物着たいな。
お茶の時の正座、つらいですよね!
お手前は何流でしょうか。
小紋に合わせた作り帯もすごく素敵。
活躍できそうな一本ですね。
楽しみが増えましたね。
Commented by Medalog at 2017-11-13 10:49
> amethystさん
おかげさまで、肩がかなり回復したので着物もまた楽しめるようになりました。
五十肩のピーク時は洋服で出かけることすら億劫だったので…
茶道教室も少し前から興味があったのですが、肩が治るまで待ちました。それでもまだ思う姿勢がとれないこともありますが、週に一度着物を着ることやお点前の練習が、いいリハビリになっています。(裏千家の教室です)
amethystさんはお仕事もありお忙しいから着物を着る時間を作るのは大変ですよね。
クリスマスや年末年始の会などで着る機会があるといいですね。
Commented by ponkichi0803 at 2017-11-14 13:31
はじめまして。
私も半年間の茶道教室人形通い、終わった後もなんとか継続しています。やはり着物着る機会、と思いまして。
同じく、足の甲がものすごく痛み、ストレッチをして、それで捻挫したトホホな人間です。甲の部分に綿の入っている足袋があり、それを履いていますが、痛いのは痛いです。甲のいたみは外反母趾から来る骨のひずみということもあるらしく。
お着物の写真、楽しみにしております!
Commented by Medalog at 2017-11-14 17:26
> ponkichi0803さん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ストレッチで捻挫、わかります!
私も今回自己流でストレッチをしてみて、ふと気づいたら足首が内出血っぽくなっていたので慌てて止めました。正座どころか歩くのに支障が出たら困りますものね。
甲に綿が入っている足袋があるのは知りませんでした。でも、それを履いても痛いのですか…。外反母趾は私も少しあるので、それが原因とするともう防ぎようがないのかなー。

半年間の茶道教室から継続してお稽古していらっしゃるんですね。
私もやんわりと勧誘を受けていて、茶道への興味と時間の余裕はあるけれど、覚悟と先立つモノが少々不安でまだ悩んでおります。
よかったら、また拙ブログに遊びにお越しください。
by Medalog | 2017-11-09 10:20 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る