風水土のしつらい展

大丸梅田店で開催されていた「風水土のしつらい展」をお友達と見てきた。
このイベントは確か10年ぐらい前に一度行ったことがあり、当時は着物関係の出店が幾つかあって着物姿のお客さんも多かったような気がするのだが、今回は布の出店はほぼ洋服。客層も着物姿の方はほとんどいなかった。



そういう私も洋服になってしまった。
前日から着物を着る気満々で準備しており、当日の朝は五十肩をだましだまし着物をまとい、普通の名古屋帯は締められなかったので着付けが楽な二部式のバティック帯を引っ張り出してなんとか形にできた。

ところが最後、帯締めと帯揚げがどうしても結べないのだ。
帯締めは力が入れられない。
両端の房を脇に差し込めない。
帯揚げは脇の部分まで手が回らず、形を整えられない。
時間ギリギリまで頑張ったのだがとうとう「もうダメだー!」と放り投げ、小物を散らかしたまま適当な服を着て出かけることになってしまった。

帰宅後に、使わなかった着物や小物を片付ける虚しさよ…
ただ両腕とも快方に向かっているのは間違いないので、今年は夏着物を必ず着るのを目標にするぞ!



そんなわけで洋服でのお出掛けだったので、和服姿のお友達が羨ましかった。
初夏の季節にぴったりな素材・色味の木綿着物と小物の取り合わせが素敵で…
ただ洋服の試着ができたのは良かったかな。
素朴だが洗練されていて力強い、素敵な布地の洋服がたくさんあり、思いかげず1着購入してしまった。
あとショールも1枚。
どちらも長く使えそうなものが手に入って嬉しい。

数年前から「服を1枚買ったら2枚処分する」ということを意識している。
毎回守れるわけではないが、この日は2枚買ったので帰宅後に4枚の古い服やショールを処分した。
洗いすぎて色も形も変わってしまったけど愛着があって捨てられなかったカットソーを今回ようやく処分できたわ(笑)。
それでもまだまだたくさんの洋服がある。
おそらく手持ちの洋服を半分に減らしても問題なく暮らしていけると思うので、今後も1枚買ったら2枚捨てるをできるだけ遂行しよう。
「この服を買ったらうちにある服を2枚捨てなくちゃいけないのか」と思うと衝動買いも減らせるしね。



その後、遅めのランチでたくさんおしゃべり。
洋服だからたくさん食べられるかと思いきや、着物と違ってジャストウエストの部分にボタンがあるので苦しくて全部食べられなかった。
洋服が悪いわけではなく、太ってきてボトムスがキツくなってきたのがいけないのだけど…
ああ運動不足。もっと体を動かさなきゃ美容どころか健康に差し障るわ。
いつまでも楽しく着物を着たいし、遠くへ出かけたり美味しいもの食べたりしたいものね。



[PR]
Commented by fuko346 at 2017-05-25 21:28
快方に向かっているということ 次回は 夏きものでお目にかかりましょう!
買ったら捨てる、、、素晴らしいですね。私も そう心がけてはいますが、難しいところもあります。
わたし ストールだらけ、つい 好きなもので増殖してしまいます。
お買い求めになった品はとっても素敵でした、登場は秋からしら また拝見させてくださいね。
Commented by Medalog at 2017-05-26 11:06
> fuko346さん
風子さんが肩を痛めていたときに定規を使って着付けしたことがあるというお話を聞いて、私も定規を使ったらこの日の着付けができていたかも!と目から鱗が落ちました。
夏着物でお会いするときに五十肩が治っていなかったら、定規も使いこなしてみます(笑)

風子さんがお持ちのショールはどれも素敵で、お顔映りもいいと思っていつも拝見してます。
私が持っているものは価格やデザインに妥協したものがいくつもあって、いざ使いたいときに顔映りが悪かったり安っぽく感じてしまったりして結局タンスの肥やしに…
でもバブル時代に買ったお高めのストールなどはいまでも重宝するので、やはりある程度の投資はしないとダメだなと実感しています。
by Medalog | 2017-05-25 15:27 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る