メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

裁判員?

一昨年の秋。
ポストに私宛の「最高裁判所」からの郵便物が入っていて、ものすごく驚いた。

え〜? 誰かから訴えられた?
それとも税金の未納とか何かミスをやらかしちゃった?
それとも詐欺の手口?
…などと一瞬の間に頭の中がグルグルしたが、封筒の隅に「裁判員制度」と印刷してあったので、ようやく気持ちが落ち着いた。

d0048332_10385791.jpg

私が平成26年の裁判員候補者名簿に記載された、というお知らせだった。
ただしこの段階では特にすることはなく、事件ごとに名簿の中から候補者が選ばれ、さらにその中から裁判員が選ばれるので、次に裁判所から連絡があったときに初めて出向くことになるらしい。

同封の「調査票」という書類では、自分の職業や家庭の事情で辞退したい旨を申請できるようだが、私の場合は特に理由がなかったので辞退の申請はしなかった。

さて、本当に裁判員に選ばれることなんてあるのかな?と思っていたが一向に連絡はなく、自分が名簿に載ったことなどすっかり忘れていた1年後の秋、またしてもポストに同じ封筒が!
今度は夫宛かと思ったら、なんと今回も私宛。
つまり、私は平成26年・27年と2年連続で名簿に掲載されてしまったのだ。
こんなことってあるのね…。

2年連続となると、さすがに2年目は裁判員に選出される可能性が増えたかも?と心配したが、結局2年目も呼び出されることがないまま平成28年になり、裁判員候補者名簿に掲載された2年間は何事もなく終わったのだった。

もし裁判員に選出されたら、期間中はその事実を公にすることは禁止されているそうだ。
私の場合は候補者にも選ばれなかったが、一応名簿の有効期限が終わるまでは身近な人にしか言わなかった。
(別に期間が過ぎてもブログに書く必要はないのだけど、珍しい経験だったので記念に書いておきたくて)



裁判員制度。
もし選出されれば一生に二度とない貴重な体験をすることになるので興味がないと言えば嘘になるが、他人の人生を左右する重責を担うことの怖さのほうがはるかに大きい。
今回は選出を免れたけれど、また名簿に登録されて今度こそ裁判員に選出されることはあるのだろうか…。
できれば、ないほうがいいなあ。
[PR]
Commented by fuko346 at 2016-02-20 23:34
来るんですね、、、
来たとしても裁判員にみな なるわけでもないのですね。
ほ~~~~ そうだったのか。
行ってみたいような でも 厳しい裁判だったら、悩み
まくって具合が悪くなりそうな。

二年 お知らせがくるだけっていうのも不思議ですね。
私も来るわけないわ、って思っていたので ちょっと
覚悟はしておいたほうがいいのかしら。 
Commented by Medalog at 2016-02-22 11:31
風子さんへ
そうですよ、来るんですよ〜!
二年連続で来た時には本当に驚きました。

正直なところ行ってみたい気持ちはありますよね。
でも証拠写真などで見たくないものを見ることになったり、判決に悩んだり被害者へ感情移入したり…等々で心の負担が重くなってしまう方もいるようで、そういう方へのケアが課題になっていると以前ニュースで聞いたことがあります。
もし名簿登録のお知らせが来ても断ることは可能だと思うので、今のうちから「もし来たらどうするか」をなんとなくイメージなさっていたらいいかもしれないですね。
by Medalog | 2016-02-17 11:09 | 生活 | Comments(2)