メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

初・歌舞伎座、初・玉三郎さん

実家の母と姉と、歌舞伎座で歌舞伎鑑賞。

d0048332_8524960.jpg
(折りたたんで持ち帰ったチラシのスキャンなので画像がよくないです)
たまには親を旅行にでも連れて行きたいが、遠出となると親の体調もあるし私たち姉妹の都合も合わなくて、それなら東京で楽しもう!と思いつく。
以前から母が「一度歌舞伎を見てみたい」と言っていて、姉も見たことがないというので、12月の演目を調べてみたら玉三郎さんが出演なさることを知り、早速チケットを取った。

観劇は夜の部。
銀座三越で軽食を買って、いざ歌舞伎座へ。
私はかなり前に歌舞伎座の売店で黒田商店の下駄を買ったことがあるのだが、その時は売店の中だけしか入れなかったので、劇場内に入るのはこれが初めてだ。
だから建て替え前の歌舞伎座の劇場内の詳しい様子は知らないのだが、椅子の横幅がゆったりしていて座りやすいと感じた。
あ、でも今回は奮発して1階の席だったので、2階や3階席だとまた違うかも?

せっかく初めての歌舞伎座だったのであちこち探索したかったが、母があまり動きたくないようだったので、この日はほとんど1階の座席に座ったままでのんびりと劇場の雰囲気を楽しむことにした。

演目は、通し狂言 妹背山婦女庭訓。
主人公のお三輪という若い女性を、最初の二幕は七之助さんが、最後の一幕は玉三郎さんが演じるというもの。
七之助さんの女形は美しく可憐なのだが、やはり最後に玉三郎さんが出てくると、何もかもが違うなあと思う。
七之助さんの出演部分に比べて玉三郎さんの出演部分がぐっとシリアスになるのであえての演出なのかもしれないが、衣装は同じでも先ほどまでのお三輪と同じ人物とは思えないほど。

母も姉も玉三郎さんを見ることができて大喜び。
中車さんも出ていらしたので、2時間ほどの長い三幕目も飽きずに疲れずに楽しめたようだ。
その後は姉は帰宅、母と私は銀座に宿泊。
関東に実家があると東京のホテルにはなかなか泊まる機会がないので、楽しい経験になった。
[PR]
Commented by amethyst at 2015-12-10 10:19 x
いいですね~
師走の賑わう中、お母様とお姉さまと一緒の観劇。
しかも玉三郎様♪
私もファンとはいってもおっかけてなくて。。。
新しい劇場もまだショップのみ。
来年こそとは(着物で。。。)思います。
よかったですね~
Commented by Medalog at 2015-12-10 15:53
amethystさんへ
師走の銀座、歌舞伎座、玉さま、堪能してきました。
今回は頑張って1階席を取ったので、花道までしっかり見ることができて満足でしたし、新しい劇場内はどこも美しかったです。
地下の木挽町広場も楽しかった。
師走ということもあり、髪を美容院でセットされた完璧な着物美人さんたちも多かったです。
amethystさんも来年はぜひお着物でお出かけくださいませ。
by Medalog | 2015-12-09 09:41 | 旅行・食べ歩き | Comments(2)