メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

宇治へ

大阪に来てからもう5〜6年になり、京都市内へはかなり出かけているのに宇治には行ったことがなかった。
車で帰省するときなどは宇治を通過するので「この辺りか」と思いつつ、なかなか自分で足を運ぶに至らなかったのだが、ようやく出かける機会ができた。



d0048332_9255124.jpg
お友達と平等院へ。
はるか昔の、修学旅行以来だ。
鳳凰堂は当時も綺麗な形の建物だとは思ったが、数十年ぶりに改めて見てみると、記憶の中よりも落ち着いた色合いだったが荘厳というほど重たくはなく、庭園を含めてシンプルな優美さがとても落ち着く感じがした。

鳳凰堂が極楽浄土の宮殿をモデルにしたということは今回初めて知ったのだが、なんとなくわかる気がした。

ご本尊の阿弥陀如来坐像と雲中供養菩薩像の姿形もみな優しく柔らかく、見上げていると心が少し軽くなるような。
ありがたい、という拝むような気持ちではなく、ただ眺めて微笑んでしまうような。
不思議だな。



この秋初めての袷きもの、大島に、紫根染めの絞りの帯。

滑りやすい大島と初めて締める帯の長さ調整に手間取り、10月も後半なのに汗だくの着付けになってしまった。
時間が足りなくなってバッグを選ぶ余裕もなく、いつも洋服のときに持ち歩いているものをそのまま掴んできたのでちょっと違和感?それほどでもないかな?



d0048332_9265372.jpg
紫根染めはいつか一枚欲しいと思っていたので、この帯を見つけたときは少々思い切って(私にしては)手に入れたもの。
どのきものに合わせようと決めていたわけではなかったが、この大島に合わせてみたら色合いも薄さや軽さもちょうどよく釣り合った気がする。

朝日焼は以前テレビで見て興味があったのだが、宇治神社の近くの福寿園に展示室があったので初めてじっくり見ることができた。
機能美を備えた宝瓶をできれば欲しいと思っていたけれど、当然お値段もなかなかのもので私にはすぐに手を伸ばせるものではなく。
でもいずれ、美しい宝瓶で淹れた宇治茶を優雅に楽しみたいものだわ…。



この日は宇治の街のほんの一部しか回れなかったが、ふらっと散歩するのが楽しく気持ちいい街だと感じた。
お茶そのものや抹茶のスイーツを楽しめる場所がたくさんあるので、お散歩のあとの休憩も楽しみだし。
きものでふらふらするのも楽しいし、洋服にスニーカーでたくさん歩いても楽しそう。
街の雰囲気もわかったことだし、今後も気軽に遊びに行きたいと思う。
[PR]
Commented by fuko346 at 2015-10-24 10:54
新しくなった鳳凰堂 見たいなあとは漠然と思ってはいましたが、ご一緒できて 良かったです。
10年くらい前の期送って いい加減だなあと 思った次第。

紫紺染の帯 とても美しくお似合いでした。
きれい色の 帯 きもの どんどん取り入れてくださいね。
拝見するのも 楽しかったです、
また どこぞへ 行きたくなってきました (~_~)
Commented by Medalog at 2015-10-25 00:39
風子さんへ
私も平等院が見たいと思いつつ、宇治の土地勘がないのでなかなか足が向かなかったのですが、お誘いいただいて行くことができてよかったです。
私も記憶の中の鳳凰堂とは結構違う気がしたのですが、もしかしたら頭の中でテレビで見た映像などがあれこれ入り混ざっているのかも?

この帯は自分でも気に入りました。
今まではとにかく無難思考だったのですが、綺麗な色や柄のものを取り入れる楽しさが少しずつ身についてきた気がします。
またいろいろ行きましょう!
Commented by 神奈川絵美 at 2015-11-01 22:41 x
こんにちは!
うわー紫根染め、いいなあ。私、着物が欲しいんですよ、総柄の。
でも、着物よりは帯の方が活用範囲が広そうですね。
紫根染め、私の中では「秋」のイメージです。
何となく儚げな感じを受けるんですよね。

下の「あひるちゃん」も拝見しました。
今年もこちらのブログで観られて、嬉しいです^^
もはや可愛い、というより、主みたいな(笑)
堂々たるものですね。
Commented by Medalog at 2015-11-04 10:31
神奈川絵美さんへ

私は着物は無難なものしか手が出せないので、少々個性の強い紫根染めは帯で楽しむのがちょうどいい感じなのですが(価格の問題のほうが大きいかも)絵美さんは着物でも帯でもとてもお似合いになりそう!
総柄の紫根染めの着物をお召しになった絵美さんが難なく想像できるほどです。
いつか素敵な紫根染めと巡り合ったら、着姿を拝見するのが楽しみです。

あひるちゃん、毎年見てくださってありがとうございます。
もはや秋〜冬にあひるちゃんに会いに行くのは当たり前になってしまいました。
ほんと、大阪の主みたいですね!顔つきも得意げに見えちゃいます。
by Medalog | 2015-10-23 22:28 | きもの | Comments(4)