絣の美

先週末まで、万博公園内の大阪日本民芸館で開催されていた「絣の美 模様の世界」展を見てきた。

d0048332_11312418.jpg
弓浜絣を中心として久留米絣や宮古、首里織なども数点。
着物に仕立ててあるものや着尺の状態のものより、布のごく一部を展示してあるものが圧倒的に多く、傷んでいる布地も多かった。
でも新品の美しい生地よりも擦り切れたり虫食いのある生地のほうが、絣の布地が生活に密着していたものだということを体現しているようでよかった。

幾何学模様も美しいが、動植物などを結構自由な発想で織り出しているのが好みだった。
上のチラシにも載っているふくら雀、可愛い!
もし絣の着物を買うことがあったらぜひこのような可愛い柄のものを手に入れたいが、価格的に無理だろうし、そもそも希少すぎて反物で手に入れることなどできなさそう…。
まあ想像するのは自由ということで。宝くじの季節だし。

この民芸館のポリシーだと思うのだが、展示物の紹介の仕方が「弓浜絣」「久留米絣」などのようなブランド的な紹介ではなく、例えば「縞入りふくら雀・笹文絣布 地域/鳥取県弓ヶ浜」というようにあくまで絣の模様をメインに紹介していたのが印象的だった。
「民藝」の考え方に沿った展示方法なのだろう。

展示品の中に、着物に仕立てられた宮古上布(民藝的な考えだと「麻紺絣着物 地域/沖縄県宮古」)があった。
弓浜や久留米の絣に重量感があるのに対して宮古上布は透き通るような軽やかさなのは当たり前だが、偶然なのか狙った演出なのかはわからないけれど空調の風で着物が柔らかく揺らめいていたのがとても美しく、沖縄の空気を感じられる気がしてとてもよかった!
布地が傷むことがないのなら、南の島の上布を展示するときに風を取り入れることを呉服関係者の方々に提案したい(笑)!



多少の雨なら着物で出かけるつもりだったのだが、その日の夜に台風が上陸するかもということで天候が不安だったのと、万博公園の大きさや環境がわからなかったので洋服で出かけてしまった。
現地に着くと、雨はあまり強くなかったが風に押されて早足になってしまうほどの強風だったので、まあ洋服でよかったかな。

ただ万博公園内の、少なくとも中央口から大阪日本民芸館あたりまでは階段や急坂を通らなくてもゆったりと歩ける造りで、通路もきれいに舗装されているため、着物で行くこと自体は問題なさそうだった。
疲れたときに休める場所も、売店からレストランまで数箇所あった。これは着物で行くときには大事なポイント!
民芸館や博物館の他に日本庭園もあるし、実際に着物で来る人もいそう。
いつか気候のいい時期に着物で行ってみようかな。

d0048332_12325444.jpg
初めて訪れた万博公園、せっかくだから民芸館以外も探索しようかと思っていたが、モノレールの駅に「台風の影響で遅延の可能性あり」というようなことが掲示してあり、もし運行中止にでもなったら他の方法で帰宅するのが面倒そうだったので、結局そそくさと公園を出て地元近くの駅まで戻ってしまった。

太陽の塔の背後に広がる空も、いかにもこれから荒れそうな感じだもんね〜。
実際にこのあとは雨風が強くなり、私の住むあたりは特に被害はなかったが大阪〜京都間で電車が数時間も立ち往生したり、翌朝は大阪市内のJR線がほとんど動かないという大変なことになっていたようだ。

今週末もまた台風が来そうだし、皆様どうぞ暑さと台風に気をつけてお過ごし下さい!
[PR]
Commented by amethyst at 2015-07-22 09:04 x
大阪に民芸館があるんですね。
タイトルもとても惹かれるものがあります。
絣で表現されたものを、いわゆるブランド的な紹介でないというところがいいですね。
絣そのものを見つめる時となったんですね。
風が吹いたときの上布の雰囲気もうっとりですね。
着物の模様、温かいものを感じます。
というか、ああ可愛いなあって。ふふ。
Commented by fuko346 at 2015-07-22 10:00
拝見すると 行きたかったなあ、、、、、と。
もう 終わってしまったのですね、暑くなる前に
行けばよかったです。

でも こちらで見せていただいてちょっと行った
気分にさせてもらいました。
Commented by Medalog at 2015-07-22 13:56
amethystさんへ
大阪日本民芸館は民藝運動の西の拠点と呼ばれているそうです。
ちなみに東京駒場の日本民芸館では動物をモチーフにした作品を集めた「動物文様の工芸と絵画」展を開催しているみたいですよ!面白そうですよね。大阪にも回ってくるといいな。

絣そのものを見つめる、まさにそんな感じでした。
頭にブランド名が浮かんでしまうとどうしても価格とか余計なことが頭に浮かんでしうまう…のは私だけかな(笑)。
絣はスタイリッシュというよりはほっこりと可愛いものですよね。
このような柄を着物だけではなく夜具など日常に使う生活ってなんだかいいなあと思いました。
Commented by Medalog at 2015-07-22 13:59
風子さんへ
もう少し早くこの展示に気が付いてれば、気候のいい時期にでもご一緒できたかもしれませんね。
今回はぼんやりしているうちに展示期間の終了と台風が重なってしまい、慌ただしい訪問になってしまいました。
また魅力的な展示がきた時は是非ご一緒に!ちょっと不便なのが辛いところですが。
Commented by 神奈川絵美 at 2015-07-23 19:43 x
こんにちは! 万博内の民芸館っていい展示をしていますよね。2年くらい前、仕事の合間に立ち寄ったときには、藍染の展示をしていて見応えがありました。
たくさんの絣…魅入られますねぇ。絵絣も、パンフレット中央のなんかは繊細ですねぇ。
沖縄の布の展示の際には、風を! はグッドアイディアですね。いかにも涼しげに見えそうです。
Commented by Medalog at 2015-07-28 20:07
神奈川絵美さんへ
コメントが遅れてすみません!
民芸館に行かれたことがあるんですね。藍染の展示いいな、見たかったです。
絣はかなり精緻なものもあって大満足でしたが、どれだけ細かい手仕事のものであってもどことなく温かみがあるんですよね。

宮古上布が風に揺らめく様は、本当にそこだけが生き生きした世界に見えて、布の魅力が倍増しているようでした。
by Medalog | 2015-07-21 12:43 | 生活 | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る