今日のメダカ

d0048332_20141954.jpg
せせこましい写真で、お目汚しですが。

我が家はマンション暮らし。
夏になると太陽が高くなるので、ベランダの手すりギリギリの場所にしか日差しが当たらない。

だから梅雨の合間の晴れた日には、わずかな日差しを洗濯物とメダカと観葉植物が取り合っている。

メダカにしてみたら頭上を洗濯物がひらひら揺れるのは落ち着かないだろうが、直射日光に当てたいのでどうしてもこうなってしまうのだ。

ちなみに、右端の睡蓮鉢には親メダカが15匹ほど、隣の発泡スチロールの箱2つには今年卵から孵った稚魚が数十匹も泳いでいる。

メダカの産卵のために小さい浮き草や人工の水草などを入れてみたが今ひとつ効果がなく、ホテイアオイを買って入れてみたら翌日から何個もの卵が産み付けられていた。
最初のうちは喜んで採卵していたが、6月後半になって「これ以上増やしたら飼う場所がない」と気づき、6月いっぱいで採卵を止めている。
我が家のベランダはこの写真より少し広いだけなので、睡蓮鉢を幾つも増やすわけにはいかないのだ。
だから、全部の稚魚が無事に育って欲しいと思いつつ、増えすぎたらどうしよう…とハラハラしている日々。

この写真を撮ったのはちょうど夏至のあたりで、太陽が一番高い頃。
それから3週間が過ぎ、今はこの写真より10cmぐらい奥まで日が差し込んでいる気がする。
もう今年も折り返してしまったんだなあ、とメダカに差し込む日の光で実感している。
[PR]
by Medalog | 2015-07-13 20:29 | メダカ | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る