ヤフオク!

先日裄が長めの羽織を買ったことで、それに合わせられる裄が長い小紋を思い出した。
最近着ていなかったので羽織と合わせてまた着るようにしようかな、と思いつつ畳紙を開けてみたら、丸洗いに出して以来着ていなかったようでピシッときれいな状態。

それを見て、ふと思った。
綺麗な状態のまま、ヤフオクに出してどなたかにお譲りしようかと。



d0048332_8404262.jpgこの小紋は、着物を着るようになったばかりのころに仕立て上がりLサイズのものを購入した。

色柄が洋服の感覚に近くて着物初心者でも着やすく重宝していたのだが、Lサイズということで裄だけでなく身丈も長いのが難点。

着付けのたびにおはしょりの始末に苦労するので、着物が増えるにつれて着付けがしやすい他の着物を着るようになり、いつのまにか箪笥の肥やしになっていた。

また柄が少々カジュアルなのも着る機会を減らしている。
私が着物で誰かと出掛ける時は「ちょっとおしゃれしてお出かけ」という気分なので、この柄の着物には手が伸びない。
かといって一人で出掛ける時には、寸法が合っていて着付けがしやすい他の着物を選んでしまう。

そんなわけで、気に入っているのに着る機会が少ない可哀想な着物となってしまったのだ。



この小紋には「この着物でなければダメ」というシチュエーションも無いし、今後も袖を通す機会が増えることはなさそう。
それなら、状態が良い今のうちに手放したほうがいいのではないだろうか?

「手放してもいい」と思えるもので、人に譲れる状態の良さを保っているものはなかなか無い。
着物ではこの小紋だけだし、小紋とセットで手放してもいい帯を探してみたら写真の名古屋帯が一本だけだった。
小紋も名古屋帯も、最近着ていないだけでなく、仕立て上がりの既製品を購入したので愛着が少々薄いのかも。もちろん既製品なので格安だったという現実的な理由もあるが。

ともあれ、このセットは手放すことを決心した。
Lサイズで大きいというのは私にとっては欠点だが、背が高い人にとっては長所になるはずなので、そういう人がこの小紋を着てくれたら嬉しいなあ。



写真を何枚も撮影して、文章や価格設定を考えて、ヤフオクのページに下書きを書いて。
あとは「出品する」のボタンを押すだけというところで、手が止まった。

惜しいのではない。
よく考えたら、この小紋も帯も縮緬地なので、この時期に出品しても需要が少ないのではないかと気が付いたからだ。
結局出品は秋まで待つことにして、また綺麗に畳んで箪笥に収納した。



決して「断捨離」などという思い詰めたことではなく、本当に「この小紋は手放してあげたほうがいい」と感じたのが我ながら不思議だ。
次に着物を買うなら小紋がいいと思っているので、この小紋を手放したらそのスペースに新しい小紋を買って収納できるわ、という気持ちがあるのも否定できないし。

着物関係に限らず、こうやって「手放そう」とか「処分しよう」という天の声が聞こえることがたまにあるので、その機会を逃さずに実行に移すのは大事だと思う今日このごろ。
今回は出品を先延ばしにしたけれど、秋には必ず出品するつもりだ。
[PR]
Commented by fuko346 at 2014-04-07 09:54
わかります~。
なぜか 一度も袖を通さないものもあったりして。
箪笥の中も整理したいと思いつつ、ぽん、と捨てられる
ものでなし。
ヤフオクも考えるのですが どうしていいのかわからない。
今度 出品の仕方教えてくださいね。

でも↑ の一揃い なかなか素敵、と見えますが
きっとご自分では 「違う」のでしょうね。
自分の感じ、と人の思うことってけっこう 違います
ものね。
「あ、これがいい」と思ってくれる方がみつかるといい
ですね。
Commented by Medalog at 2014-04-07 12:06
風子さんへ
このセット、今でも気に入っているんです。
小紋の寸法が合っていればおそらくもっと着ているのでしょうが
身丈が長過ぎて未だにおはしょりを整えるのに苦労するので
気に入っていても手が伸びなくて…
身丈と裄をお直ししたら料金が結構掛かってしまうし、
どうせ着ないのならシミでも付ける前に手放してあげたいという
親心のような?気持ちなんです。
もし風子さんやこのブログをご覧の方がお召しになってくださるなら
喜んで贈呈したいです!

風子さんがお持ちのものは、私のものと違って
ヤフオクで簡単に手放すのはもったいないようなものばかりなのでは…?
出品方法は喜んでお教えしますが、トラブルもないとは言えないので
なかなか難しいところです…
Commented at 2014-04-08 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Medalog at 2014-04-09 08:06
鍵コメントさま
コメントありがとうございます。
後ほどご連絡させていただきます。
Commented by 神奈川絵美 at 2014-04-09 15:46 x
私もわかります~。天の声?内なる自分の声? 他の人に着てもらう方が、自分が着るよりも自分の喜びになるだろう、という感覚ですよね・・・。
衣替えは、自分の着物スタイルを見直す良いきっかけになりますよね。
Commented by Medalog at 2014-04-10 08:19
神奈川絵美さんへ
裄や身幅が大きい着物はなんとか着付けできるのですが、身丈が長いこの小紋の着付けは私には結構な苦痛で、好きなのにだんだん着なくなってしまったんです。
着付けが面倒な着物は、年を重ねるにつれて今まで以上に着なくなると想像できるので、好きな着物ですが結構思い切りよく手放すことに決めました。
おっしゃる通り、この小紋と帯がどこかで第二の人生(?)を送ってくれることが自分にとって大きな喜びなんです!

着物以外でも、今まで手放せずにいたものが何かのキッカケで「手放す、捨てる、解約する」などの気持ちになることがあります。
最近はなかなか心も身体も動かないので、そのキッカケを大事にしています。
by Medalog | 2014-04-07 09:36 | きもの | Comments(6)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る