メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

今日のメダカ

我が家の睡蓮鉢は直径が34cmのもの。
今はメダカが5匹だけなのでサイズ的には問題ないと思うが、今後はもう少しメダカを増やしたい。
またこのサイズだと、暑くなってくるとすぐに水量が減ったり水温が急上昇してメダカにはかなり過酷なように思えるので、一回り大きい睡蓮鉢に替えることにした。



d0048332_11163925.jpg
左が今までの睡蓮鉢で直径34cm、右が新しく買ったもので直径42cm。
一回り大きいものが届いてみると、狭い我が家のベランダには大き過ぎるのではないかと焦る。
でもこれぐらい大きいほうがメダカの環境としてはいいのだろう。

今回は睡蓮鉢・睡蓮の株・ヒメダカ6匹がセットになっているものを購入したので、早速睡蓮鉢に睡蓮を植えてみた。



d0048332_11164660.jpg
見えにくいが、右の鉢の真ん中には睡蓮の株が埋まっている。
睡蓮は初めてなので、ちゃんと成長してくれるのか、またどんな花を咲かせてくれるのか楽しみだ。

本来なら睡蓮鉢に睡蓮をセットして環境が落ち着いてからメダカを買って来れば、直接睡蓮鉢で水合わせをしてメダカを入れることができる。
だが今回は全部が一緒に来たので、睡蓮鉢の水のカルキ抜きや土を落ち着かせるために、メダカをバケツで水合わせして翌日に睡蓮鉢へ合流させるという二度手間になった。
と言っても私の手間はたいしたことはないのだが、メダカのストレスを考えると直接睡蓮鉢に合流させたほうが、環境の変化が少なくてよかったんだろうなあ。

結局、1日めは睡蓮を植えて水を張り、2日めは別のバケツに入れておいた新入りメダカを入れ、3日めに今まで飼っていたメダカを合流させる、という3日がかりの引越しとなった。



d0048332_11165181.jpg
引越し完了。
大小11匹のメダカが元気に泳いでいる。

水草は、土の中に睡蓮を植え、小さい素焼きの鉢に水上葉2種類(グリーンロタラ・アマゾンチドメグサ)を入れてある。
また今までの睡蓮鉢に浮かべておいたドワーフフロッグビットとホテイアオイも、絡み付いた藻を綺麗に洗い流して移し替えた。
ホテイアオイはもう新芽を出しそうにない見た目だが、とにかく繁殖力が強い植物らしいので、もうしばらく浮かべておいて様子を見ることに。

今後どの水草がどれぐらい成長するのかは分からないが、水上に伸びて高さを演出してくれる水草もあるので、今までより変化のある睡蓮鉢になってくれるのではないかと期待している。

横にして沈めてある植木鉢は、メダカの隠れ家。
今回新しく買ったメダカたちはとても臆病で、少しでも近づくと可哀想なくらい怯えて逃げ惑うのでありあわせの植木鉢を沈めてやった。
するとその中で居心地よさそうにしているので一安心。
ただ睡蓮鉢に対して少し大き過ぎるので、水草たちが育ってきたらもう少し小さいものと取り替える予定だ。



最後に水量の覚え書き。
土が水に浸る水量は4リットル。
睡蓮鉢の縁に付いているラインの、上から5本めまで水を張るための水量は16リットル。
差し引き12リットルがメダカのための水で、今の11匹にはちょうどいい水量かな?
[PR]
by Medalog | 2014-04-01 11:55 | メダカ | Comments(0)