御宿かわせみ

d0048332_21224292.jpg

半年ほど前から、小説「御宿かわせみ」シリーズにハマっている。

今まで時代物の本は、実在の人物・例えば将軍やら幕末の志士やらを主人公にしたものばかり読んでいたのだが、ふと気付くと「普通の時代物の小説」をあまり読んでいないことに気が付いた。

現代物で言うところの恋愛小説や推理小説など、架空のごく普通の人物が主人公のものが読みたくなって、いくつか手に取ってみたのだが、たまたま手に取ったものが捕物帳だったせいか妙に描写が陰惨だったりして好みに合わず「これ!」というものに出会えないまま時間が過ぎていた。

そしてある日、ふと思い出したのがテレビドラマで見た「御宿かわせみ」。
真野響子さんVerと高島礼子さんVerをそれぞれ少しだけ見たことがあって、詳しい筋は覚えていないがなんとなく明るい雰囲気だったような…
そこでものは試しに1冊購入して読んでみたら、これが私の好みにすっぽりハマってしまい、その後30冊以上のシリーズ物を全て揃えてしまった。

なにしろ登場人物が全て気持ちのいい人ばかりなのだ。
いちいち紹介していたら長くなるので諦めるが(笑)、お互いの身分をわきまえながらも助け合い思いやる人々の物語を読んでいると、自分もその中の一人に加えて欲しくなるほどだ。
舞台は幕末、江戸の小さな旅籠「御宿かわせみ」をとりまく人々の物語。
主に一話完結の事件もので殺人事件もあるけれど、作品全体の雰囲気が明るいので読んでいて気持ちが暗くなることがないのがありがたい。

私は本の内容が気に入ると先が気になって流し読みしてしまう癖があるのだが、シリーズが全34巻ということは知っていたので、急いで読んですぐに読み終えてしまうのがもったいなくてなるべくゆっくり読んでいた。
しかしそれでもとうとうシリーズ全てを読み終えてしまい、残りは明治時代に舞台を移した続編2巻のみ。

そしてその2巻を読んで愕然とする。
主な登場人物の多くが、維新の混乱の中でなくなってしまうのだ。
そして主人公の一人は行方不明のまま。
その子供世代が新たな主人公となって物語は進むのだが、2巻を読み終えた時点で行方不明の主人公の行方はわからぬまま。
死亡ではなく行方不明なので、この2巻の中でひょっこり「かわせみ」に戻ってきてくれると思ったのに…

続きが気になって気になって、いくつかの書店に行ってみても第3巻が見当たらない。
作者の平岩弓枝さんはかなりのご高齢のはずなので、もう筆を置かれたのだろうか…
と心配しつつネットで検索していたら、つい先月に第3巻の文庫本が出たことが判明!
おまけにBSスカパーで真野響子さん主演の「新・御宿かわせみ」を新たに撮影・放映することまでわかって、非常にテンションが上がっている私(笑)。

でも、我が家はスカパーに加入してないんだよね…
こっそりスカパーの料金を調べてみようっと!
[PR]
Commented by 風子 at 2013-01-31 22:37 x
こんばんは~~~。

このTVドラマ、好きでした。
本は34巻もあるのですか~読破なさったのね (@_@。
それにしても、、、
>維新の混乱の中でなくなってしまうのだ。
ええ~~~~ またまた (@_@。

ドラマ、見てみたいけどうちもスカパーは
映りません。
Commented by 神奈川絵美 at 2013-02-02 22:23 x
こんにちは! うちなぞテレビすらありませんが、御宿かわせみは確か第1巻を、昔読んだことがあります。平岩弓枝さんの小説が好きで、、、着物に興味を持つようになった理由の一つに、平岩さんが描く美しくセレブな着物の女性像に惹かれたから、というのがあります。「幸福の船」というのですが、コレクションにありますでしょうか。
Commented by Medalog at 2013-02-04 11:44
風子さんへ
この数年、家にいる時間が長い割にはテレビをすっかり見なくなってしまったので、スカパーに加入してもほとんど見ないだろうとは思うのですが、私にしては珍しく「これは見たい!」と思ったドラマなのでこのドラマの期間中だけ加入しちゃうかなーなんて思ったりしています。

好きだった登場人物が何人も非業の死を遂げてしまってガッカリですが、そこから始まるドラマもきっとあるはずなので、話の行く末を楽しみにしようと思っています。
Commented by Medalog at 2013-02-04 11:55
神奈川絵美さんへ
絵美さんのお宅にはテレビがないのですか!
それは潔いですね。
私はテレビを見る時間が減ったとはいえ、テレビを手放すのはきっと無理かな…

平岩弓枝さんの小説は、恥ずかしながら「御宿かわせみ」シリーズぐらいしか読んだことがないんです。シリーズを読み終えてしまったので、これから他の小説も読んでみたいと思っています。
「幸福の船」もぜひ読んでみます!
by Medalog | 2013-01-31 22:07 | 生活 | Comments(4)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る