「やわらかもの」的な着こなし

先日、折角の歌舞伎鑑賞だったのに着物で出掛けなかったのは、最近また肩凝りがひどくなってきたので着物を着て5時間近く座ったままでいるのは体が耐えられないと思ったから。
実際に行ってみたら席があまり良くなくて、洋服でも辛いぐらいだったので、今回は着物で行かなくてよかったのだと自分を慰めている。
次回はぜひ着物で行きたいので、もう少し見やすい席を手に入れなくては!



洋服で行くとなると着付けに時間も掛からないので、その分いつもよりちょっとお洒落をしてみよう、と思い立つ。
いつもなら冬の外出はどこへ行くにもニットのアンサンブルかハイネックセーターに、ウールのスラックスかデニムが定番なのだ。着物で言えば紬か木綿かな。
それを、今回は着物で言うところの「やわらかもの」的な着こなしをしてみようと考えたのである。…と言っても訪問着レベルの華やかな服などあるはずもなく、飛び柄小紋レベルのブラウスやスカートが関の山なのだけど。

で、数年ぶりにポリ地のてろんとしたカットソーとスカートのセットアップを引っ張りだす。
上下が同じ柄なので合わせて着ればワンピースのように見えるのだが、久しぶりに着てみると上下セットアップで着るのは柄がうるさ過ぎるような…。加齢で、顔がこの服の柄に負けるようになってしまったのかしらん。

仕方なくカットソーだけ残してボトムスを買えようと思ったら、これがびっくりするほど合わせられるものがないのだ。色味が合わなかったり、質感やシルエットがカジュアル過ぎたり。
なんとか同色のスラックスを合わせたが、今度は似合う靴がなくて結局ブーティになってしまう。
ブーティを履く時点で、もう「やわらかもの」的着こなしとは言えないね。

おまけに手持ちのバッグも悉くカジュアルなものばかりで焦る。
むか〜し海外に行った時になんとなく買ったまま仕舞い込んでいたプラダのエナメルバッグを思い出して引っ張りだすも、ショルダータイプなのでこれもカジュアルだわ…。しかし他に合うバッグがなく、仕方なくこれを合わせる。

なんか全然装ったという気がしないので、マニキュアもしていない指に、これまた久しぶりに引っ張りだした婚約指輪などはめてみる。
全部を身に付けて鏡の前に立ってみると「家にあるものをかき集めて、頑張って着てみました」感が満載になってしまった。なんだこれ(笑)。しかし時間がないのでそのまま出掛ける。カットソーの肌触りと着心地がよかったのは救いだった。



あれこれ引っ張りだした挙げ句、自分の洋服箪笥の中身の乏しさを思い知るだけの結果になってしまった。私はもともとカジュアルな服が好きだし、結婚後の仕事着はビジネススーツばかりだったので、恥ずかしながらその中間の「おしゃれ着」をほとんど持っていなかったのだ。

もう少しきちんとした「やわらかもの」感のある服を持っていないと、今後困ることもありそう。
別に高い服でなくてもいいから、ちょっとおしゃれをして出掛けたいという時に着られる服や小物をワンセット揃えてみるのも楽しそうだ。
肩凝り(五十肩?)で着物を着たくても着られないときも増えそうだしね…。
[PR]
Commented by amethyst at 2011-12-19 08:18 x
Medalogさん、おはようございます。
やわらかもの的洋服。。。私も最近おでかけニットやワンピースで
あまり新調しなくて過去のものを出して着てます。
予算はきものにいってますので。。。
そして出して着てみると体型にあわなくなってたり
少しデザインが古かったり。。。
洋服はそれなりのその年のアップデートがないと
ちょっと寂しいんですよね。
中間の「おしゃれ着」。。。洋服でもきものでも一番ほしい
役割の服ですがバランスよくが難しいですね。
Commented by Medalog at 2011-12-19 10:14
amethystさんへ
amethystさんは、私が不得意な「おしゃれ着」をとても上手に使いこなしていらっしゃいそうな気がするんですが、やはり予算には勝てませんよね〜。
最近は1シーズンにその年らしい外出用の服を1〜2枚買って、それをシーズン中にがんがん着倒すようになりました。
しばらくはどこに行くにも同じ服ですが、流行に合わなくなった時には洋服もくたびれてくるので、気兼ねなく普段着におろしたり処分できるので…
限られた予算の中でどの服(着物)を買うか、どうやって着回すか、最後はどこで見切りをつけるかまで悩みは多いですが、気に入ったものを着る時の楽しさには変えられませんよね!
by Medalog | 2011-12-15 15:41 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る