善峯寺

紅葉を見に、京都の善峯寺(よしみねでら)へ。

d0048332_9485889.gif住所は京都市左京区なのだが、地図で見ると大阪との県境まで直線距離で1キロほどしか離れていない。
ただ山の上にあるため大阪から直接向かう道はなく、一度長岡京市に入ってから細い道を大阪方面へ戻るように5キロほど上ってようやく辿り着く場所なので、ずいぶん迂回しなければならない。

長岡京の市街から山方面へ細い道を入った途端、見事な竹林が現れてびっくりした。
竹って本当に美しくて大好きなので、素敵だなあ…と思いつつ眺めていたが、ふと「エジソンが電球のフィラメントに使った竹って、もしかしたらこのあたりの竹かも?」と思いつく。
帰宅後に調べてみたら、私が見た竹林から10キロ近く南に離れた石清水八幡宮の竹を使ったらしい。当たらずと言えども遠からず…いやいや、結構遠かったですね。


d0048332_9493128.gif寺の門に辿り着くまでにずいぶん山道を登るうえに、境内が3万坪と広大でしかも高低差があるので、境内の奥まで進むと素晴らしい眺めになる。

ただ、その眺めが私の写真ではちっとも表現できていないのが悲しい…。
景色、特に遠景というのは、自分の目に映る色彩や迫力を写真にも同じように再現するのがすごく難しいとしみじみ思う。


d0048332_9495040.gifここからの眺めは京都市内を一望しているのだが、小雨が降るような天候だったので肉眼でもあまりよく見えなかった。
遠くにうっすらと京都タワーが見えたのだが、写真には全く写らず。

この寺は1029年に開かれたそうだ。
その後応仁の乱で焦土と化し、江戸時代に入って五代将軍綱吉の生母・桂昌院が復旧して現在に至るとのこと。
今からおよそ千年も前から、様々な人がここから都を眺めていたのだと思うと、ここに自分が立っていることがとても不思議に思えてくる。


d0048332_9503511.gifさて、お目当ての紅葉は…。

見頃を迎えていて、どこを見ても景色と紅葉とのハーモニーが素晴らしかったのだけれど、写真にはうまく撮れなかった。

場所を少し移動するたびに、現れる景色が美しくてシャッターを押しまくっていたのに、ブログに載せられそうな写真はカラー補正を掛けてもほんの数枚…

d0048332_9505559.gif
天気が悪かったことと、デジカメを忘れて携帯のカメラで撮ったせいもあるのだけど。

でも自分の目には、雄大で鮮やかな紅葉の風景をしっかりと焼き付けてきた。

d0048332_9511562.gif天然記念物の「遊龍の松」。

この写真では何がなんだかお分かりにならないと思うが、全長40メートル近くある日本一の松なのだ。樹齢なんと600年!
左奥の屋根の前にある枝から、右手前のさらに先まで、全部が一本の松なのである。
当然枝の下に支えはあるが、未だかつて見たことのないスケールで、よくぞここまで持ちこたえたと感心してしまう。

「遊龍の松」で画像検索すると素晴らしい写真がたくさん出てくるので、堂々とした姿をぜひご覧になってみてください(他力本願)。
[PR]
Commented by 神奈川絵美 at 2011-11-27 00:01 x
こんにちは! すごいですね~600歳の松。重みが相当ありそう。でもこういうのって縁起がいいですよね、きっと。
紅葉もとてもきれいですね。つい先日、夫が大阪出張の折、万博記念公園に寄り、園内の日本庭園が紅葉も見ごろでとてもよかった、と言っていました。
いつか記念公園も、善峯寺も、行ってみたいです。
Commented by Medalog at 2011-11-28 08:21
神奈川絵美さんへ
600年の松は、写真では上手く伝えられなくて残念なのですが歴史の重みを感じる雄大な枝振りでした。これでも虫に喰われて10メートル以上カットされてしまったようなのですが…。天然記念物ともなると、保全する方々のご苦労も相当なものでしょうね。でもそのおかげでいいものを見させていただきました。

万博記念公園は、気になるのですがまだ一度も行ったことがないんです。日本庭園があるんですね!紅葉を見に出掛けてみようかと思います。
by Medalog | 2011-11-24 11:12 | 生活 | Comments(2)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る