メダカと過ごす一日 medakalove.exblog.jp

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る

非常食

皆様の多くは、災害に備えた非常食を準備されていると思う。
私も、缶詰や水など成人2人が数日はしのげる程度の備蓄はしているのだが、先日の防災の日に気になるニュースを見たので、皆様もご存知とは思うけれど一応ここに書かせてもらうことにした。



非常食は基本的に常温保存であるが、この「常温」というのが何℃なのかというと、そのテレビでは約20℃だと紹介していた。
そしてこの夏が非常に暑かったため、常温よりも遥かに高い気温の中で数ヶ月保存されていた食料は、ものによっては消費期限の前でも傷んでしまう可能性があるそうなのだ。
特に傷みやすいのが水らしい。

我が家の非常食は、冷房が届かないキッチンの奥と洗面所の奥に収納してある。
夜でも涼しくならなかったこの夏、非常食は2ヶ月以上も常に30℃以上の室温の中で保存されていたことになる。
缶詰や乾燥した食品などはそうそう傷まないだろうとは思うが、万が一傷んでいたとしたら、非常時で水洗トイレが使えない時にお腹を壊すという最悪の事態を招きかねない。

そこでこの秋は、全ての非常食を点検して、賞味期限が来ていないものでも徐々に新しいものに入れ替えることにした。
非常食を揃えるのにもお金が掛かるが、古いものは毎日のおかずにすればいいのだし、安心には替えられない。

皆様もご存知の話だったとは思うけれど、もし熱のこもる部屋に収納していた保存食やミネラルウォーターがあれば、ちょっと注意なさることをお勧めしたい。
非常食は使わないで済むのが一番だが、もし使う時には安心して食べられるものでないと困るので…



以上、つまらないお話でした。
[PR]
Commented by いづみ at 2010-09-10 23:15 x
なるほど…さっそく非常食と水の点検を早めることにします。この暑さも天災と言ってよいのかも知れませんね。気づかせてくださって、ありがとうございます(^^)
Commented by Medalog at 2010-09-11 14:44
いづみさんへ
コメントありがとうございます。
この夏は、台所で食器や缶詰を触ると温かいことに違和感を感じていました。保存食の多くはきっと大丈夫なのだと思いますが、心配になったら新しいものに替えるのがいいですよね!
by Medalog | 2010-09-09 13:40 | 生活 | Comments(2)