本籍地

実家から大阪に戻ってきた。
帰宅後も、夫の実家から持ち帰った書類などを整理して過ごす。

各種手続きで夫の戸籍謄本と印鑑証明が必要になり、区役所へ。
受付に書類を出すと、役所の人が「あ、本籍は三重県なんですね。戸籍は本籍地の役所でないと取れないんですよ」とのこと。

ああ〜、そうだったわ!うっかりしていた(汗)。
結婚して三重県に引っ越した時に、書類が必要な時に親の手を煩わせるのも悪いからと本籍を横浜から三重県某市に移したのだった。そして、大阪に引っ越してきても本籍は三重県のままだったんだわ…。
結局、印鑑証明だけを貰ってすごすごと帰宅した。


ブログをご覧頂いている皆様の本籍地はどこでしょう?
独身の方はご実家、既婚者の方は現住所と同じ場合が多いのだろうと想像しますが…。

それが一番便利でいいのだが、我が家はまだまだ引っ越しの可能性があるので引っ越しのたびに本籍を変えるのもいかがなものかと思ってしまう。
今は書類が必要なら郵送で取り寄せられるので、本籍地が離れていても特に問題はない。それに現住所を本籍にしても、家と役所が離れていて交通費が掛かるくらいなら、切手代と定額小為替の手数料のほうが安い場合もあるし。


皆様ご存知の通り、本籍地は日本国内ならどこにでも設定することができる。阪神タイガースのファンの人が甲子園球場を本籍地にしている、なんて話も聞いたことがある。
我が家の場合、三重県は好きだったけれどもずっと本籍を置いておきたい場所ではないかなー。次に引っ越す時に自宅の住所と同じにするか、それとも愛着のある横浜に戻そうかしら?


それにしても、自由に動かせる「本籍」って一体なんなんだろう?
ちょっと不思議。
[PR]
by Medalog | 2010-02-17 21:20 | 生活 | Comments(0)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る