ちょっと重い話です。

あまり楽しい話でもないので、今回はどうぞ読み飛ばしてくださいね。



実は先日、夫の母親が急死し、しばらく夫の実家に帰省していた。

義母は至らぬ嫁である私にも大変良くしてくれた人。
義母を亡くした悲しみはもちろん、もっと孝行できなかったのかという自責の念を強く感じる。

しかしそれ以上に心を占めるのは、大阪から遠く離れた夫の実家に一人残された老齢の義父の今後の生活と、一人息子である夫の心身をいかに支えればいいのか。
そしていずれはやってくる我が両親、そして夫と自分の死まで、芋づる式に想像してしまう。
子供もおらず、転勤の賃貸住まいのため近所付き合いもなく、近くには友人もない。いい歳をしてふわふわとした自分の生き方への不安…

そんなことを考えだしたら、自分の心が、ここしばらく経験したことのない重さ・暗さにとらわれてしまい、我ながら驚いていると同時に、抜け出すのに苦労しているというのが正直なところだ。
食欲もない。今までは一人で家に居る時はほとんどテレビは付けなかったのに、今はテレビが付いていないと不安でしょうがない。しかも暗いニュースは聞きたくない…



私もそろそろ更年期なので、必要以上に精神的に不安定になる時期だということもあるだろうし、大阪に来てから、夫と私の両親が代わる代わる体調を崩していたため「離れた両親に何かあったらいつでも実家に飛んで帰れるように」と仕事をせず家に居たせいで、ヒマだから余計なことばかり考えてしまうのもあると思う。



しかし、こ ん な こ と じ ゃ い か 〜 ん !
将来への具体的な不安があるのなら、ひとつずつ解消していくしかないのだ。
漠然とした不安・悩みなら、今考えても仕方のないことだし。

実際は、義父は料理以外の家事は全てこなす人で、掃除も洗濯もゴミ分別も私以上にキッチリ。健康には不安があるけれど、定期的に病院に通っているし。男性の割には近所付き合いが良かったのと、近くに兄弟も住んでいるので一人暮らしとはいえ、全くの孤独になることはなさそうだ。

夫は仕事が忙しいので疲れてはいるが、毎日多くの人と接しているし気持ちに張りもある。

義父も夫も、悲しみという点では私など比べ物にならないほど大きいはずなのに、結局一番ヘタレているのが嫁の私だなんて、おかしい話なのだ。ここ2年ほど仕事もせず、ぬるま湯につかっていて精神的にも緩みきっているからこんなことになってしまうのよね。



今は、自分にできることを精一杯やる!
義父と夫へのケアもそうだけれど、なにしろ自分の心身を向上させる!
幸い先月からスポーツクラブに通い始めたので、体を鍛えて、笑っておしゃべりをして。実家と大阪を往復する生活が落ち着けば、仕事なり趣味なり、打ち込める何かを探して…

だらけた生活を見直したら?と、義母からヒントを貰ったのだと思おう。





人間なら、親を見送る(自分もいつかは…)ということは誰にも共通することなのだし、このブログを読んでくださる方の中にも、すでに経験されている方も多いと思います。肉親を亡くして悲しみを味わった方からしたら、嫁である私がなぜ落ち込む必要があるのか、笑ってしまうかもしれませんね(恥)。

40代も半ばにして、このようなことで悩む姿をブログに書こうか書くまいか悩みましたが、今の心境を一度言葉にして整理したかったので、書いてしまいました。
読んで不愉快になった方がいらしたら、申し訳ありませんでした。

今後もしばらくはブログ更新が少ないと思いますが、私もメダカも元気にしております。そのうち能天気なブログに戻ると思いますので、また遊びにきてくださいね!
読んでくださった方、ありがとうございました。
[PR]
Commented by amethyst at 2010-02-06 11:09 x
Medalogさん、心配していました。
ご愁傷様でした。そうですか。大変でしたね。
その悲しみと落ち込みの気分から抜け出すのは
時のお薬がゆっくりと効いてくると思います。
そして今を境に今までの自分からさらに成長できると信じています。
私も含めて多くの人がその経験からの思いをもちつつも
またさらに先に進んでいます。進んでいけます。
また記事はゆっくりアップしてくださいね。
Commented by Medalog at 2010-02-06 14:43
amethystさんへ
ありがとうございます。
amethystさんもみなさんも、時のお薬でじっくり治してこられたのですよね。
私もこの数日で徐々に気持ちが上向きつつあることを感じています。
余計なことを考える暇があったら、なんでもいいからどんどん体を動かしていこうと思います。
そしていつかは成長しないとね…。
本当にこの数年はぬるま湯生活だったので、いいタイミングだと思います。
Commented by R_gardenspace at 2010-02-06 18:45
ここ暫く、更新がないのでどうされたのかしら?と思っていました。
大変だったんですね。ご愁傷様です・・
人生ですもの、色んなことがありますよね。
私も立場的にMedalogさんととても似ていて、数年前(間?)、似たような落ち込み方を経験しました。
自分でも何をしたら良いのかは判っていても、なかなか前に進めなかった経験もあります。
でもMedalogさんはもう既に、しっかり自分の事を把握されてて、次へのステップも
踏み出そうとされてるようにも見えて、なんか安心して読んでいました。
それどころか私、自分自身の今年の目標を掲げておきながら、こないだの猫騒ぎですっかり
ないがしろにしてしまっていた事を、この記事を読んではっと、思い出したりしたんですよ。
良い刺激を頂いたと思っています(^^ゞありがとうございます。
とは言え、前に進むのは何かと大変かと思います。
そんな時はゆっくり休憩しながら、愚痴をこぼしながらでも、自分のペースで歩んで下さいね。
〜と、僭越ながら年寄りの冷や水。失礼しました。
Commented by Medalog at 2010-02-07 09:56
凛佳さんへ
ご心配ありがとうございます。

>人生ですもの、色んなことがありますよね。
皆さん、口には出さずとも色々な経験をされていらっしゃるのですよね。
私が、この年まで何も感じずに生きてこられたのが不思議なくらいかも…
自分のこと、前から薄々わかっていたけれど見て見ぬ振りをしていたのだと思います。
だから、こうやってすぐに思い当たってしまうわけで…
老親への心配は付きませんが、自分自身のことは今回の件とは切り離して
見つめ直さなくてはいけないと思います。
ただ怠け生活が長過ぎ&居心地が良過ぎるので、どうなることやら(焦)…

凛佳さんも猫ちゃんの件では大変でしたものね。
今年はまだまだこれからですもの、こまめちゃんの手術が無事に済んだら
ご自分のこと、でもいいのではないでしょうか?
Commented by hirokomak at 2010-02-08 08:35
こんにちは。Medalogさんと私は同世代なのかな?
私も親の老いに直面しております。
そして自分はたいしたことは何もしてないのに凹んでいます。
順番どおりにいけば、これから親4人と夫を立て続けに(?)見送るわけで、ふと気付くとやはりそんなことを考えてどんよりしています。いけませんね(苦笑)。
Commented by Medalog at 2010-02-08 10:24
まかべさん、こんにちは。
やはり、皆さん悩みは同じですよね…。
どんよりしてしまうお気持ち、よくわかります。私も数年前からなんとなく感じていた不安が、ここに来て一気にどんより来てしまった感じで。
ただ、悩み苦しむのはある程度は仕方がないとも思うのですが、そのうちに何を悩んでいるのかわからないまま「どんより気分」だけが長引いたりして、そういうのは良くないなーと思ったりします。
少しずつ気持ちを整理していくしかないのでしょうかね…
Commented by まき at 2010-02-08 12:25 x
こんにちは。シクラメン、きれいに咲きましたね。
また赤が咲くなんて、うれしいですね。(^^)

人の生死というものは、他の人を巻き込むのは当たり前のことで、
それが近い人ほど激しいです。
私は30代前半で、家の中の太陽であった母を亡くしました。56歳でした。
周りの人が落ち込まないように気を遣い、元気で前向きであることが
母は一番安心するだろうと思って、悲しんでいる間もなく頑張り続けました。
そのせいで無理が来て、ひどい落ち込みが度々起こるようになり、
精神的にも少しおかしくなるほどでした。
今年で母が亡くなって10年になりますが、精神的には随分落ち着きましたが
何かあると急激に落ち込みますが、メダカと出会って本当に良くなりました。(^^)
Medalogさん、頑張るのは良いことですが、悲しかったり変になるのは当然ですので
自然の流れに任せてみてはいかがでしょう。
Medalogさんがぬるま湯に浸かっているとは思えませんし、別に仕事をしていないからといって
悪いことは全くありませんよ〜。

Commented by Medalog at 2010-02-08 18:36
まきさんへ
シクラメン咲きました!まだ2株のうち1株だけですが。
もう1株にもつぼみは付いているので、咲いてくれるよう願っています。

まきさんのお母様は、ずいぶんお若い時に亡くなったのですね。
お母様を亡くした悲しみ、周りに気を使って頑張ってしまったこと、そのあとの落ち込み…。想像しただけで胸が苦しくなります。
今はメダカに癒されていらっしゃるのですね。メダカはどれだけ眺めていても飽きない、本当に可愛い魚ですもんね!
我が家でも、もっと産卵&ふ化してくれたら、更に癒されるのですけど…

自然の流れに任せつつ、自分なりに上を向いていけるように進んでいけたらいいのですが。
コメント、本当にありがとうございます。
Commented by surlamer-aqua at 2010-02-08 21:41
大変でしたね。ご愁傷さまです。
ご実家が遠方と言うことで、
それだけでもお疲れなのではないでしょうか。
ご無理なさらないでくださいね。

「何かあったときのために仕事をしないでいる」
これ、とても良い選択だと思います。
私など自分や家族の体調不良でパートをよく休んでいます。
休んでも疲れ、職場に気を遣ってさらに疲れ、
少しの給料のために神経すり減らして何になるのかと
自問自答の日々です。

ご自分のため、ご家族のため、
気持ちに余裕を持って生活をするのは大切なことだと思います。
ギリギリスレスレの生活で「キーーーっ!」となっていると
まわりが見えなくなりますから。

悲しいことではありましたけど、元気出してくださいね。
もうすぐ春。メダカのシーズンですよ~♪
Commented by 神奈川絵美 at 2010-02-08 22:25 x
こんにちは。私も、しばらく更新がなかったので気にかけていました。そうだったのですね・・・ご冥福をお祈り申し上げます。

身近な人の死に直面すると、この後の人生のことをいろいろと考えてしまいますよね。
私もMedalogさんとほとんど同じ状況でして、父が田舎で一人暮らし(夫の両親はすでに他界しています・・・)、子どもはいないし、で、自分たち夫婦が老いてからどうなるかなあともやもやした不安を抱えています。

でももしかしたら、私たちが老いるころには、同じような境遇の(子どもがいなかったり、頼れなかったり)人同士のコミュニティとか、助け合いの仕組みみたいなものができているかも、なんて脳天気に考えたりもしています。
つらつらと書いてしまいましたが、同じようなシチュエーションの人間がここにもいる、ということで、少しでも心穏やかになれましたら嬉しいです。
一人じゃありませんよ~(^^)
Commented by Medalog at 2010-02-09 07:47
surlamer-aquaさんへ
ありがとうございます。実家はちょっと遠いですが、新幹線に乗れば2時間半ほどなので、無理しない程度に往復できればと思っています。

仕事のこと…。自分の体調不良ならまだしも、家族のことで休みを取るというのは職場に気も使うし、辛いところですよね。
でもsurlamer-aquaさんがお辛いながらもお仕事を続けていることは、給料以外にもきっと意味があると思うのです。社会に貢献し、刺激を受け(いい刺激だけではないかもですが)、「妻・母」以外の個人として自立する場所であり…。
ブログを拝見しても、お忙しいのだろうなと思っておりましたが、どうぞお体に気を付けてお過ごしくださいね。
今回、夫が大阪の自宅に戻ったあとも私だけ数日間義父に付いていられたことは無職で助かった部分ですが、今後は交通費も嵩むかもしれないし…(苦笑)。これもゆっくり考えていこうと思います。

もうすぐメダカのシーズンですよね。surlamer-aquaさんのビオトープに影響されて買った睡蓮鉢が、春になってどのような姿になるのか(するのか)、楽しみです。
Commented by Medalog at 2010-02-09 08:09
神奈川絵美さんへ
絵美さんも私と似た状況なのですね。一人暮らしのお父様のこと、ご心配と思います。私も直近の問題は一人暮らしになる義父のことなので…。

>一人じゃありませんよ~(^^)
今回たくさんの皆様からご心配いただき、ありがたさが身にしみると共に、皆さんそれぞれが悩みや葛藤を心に抱えながら生きているのだということを今さらながら思い知り、申し訳ない気持ちになりました。
この世代の誰もが直面する問題に、とうとう私も向き合う日が来ただけなのですよね。
問題から逃げるわけにはいきませんが、やわらかく向き合っていけたらいいな、と思えるようになりました。皆さんのおかげです。

将来、同じ境遇の人同士のコミュニティができていたら心強いですね!そこでもお着物仲間ができたらいいな〜、なんて。
by Medalog | 2010-02-06 11:01 | 生活 | Comments(12)

大阪在住主婦の、のんびりメダカ飼育と着物を楽しむ日記です      


by Medalog
プロフィールを見る